東京大学 0 - 1× 明治大学
勝:森下 敗:坂口
本塁打:なし


緊迫した投手戦は明大に軍配。添田(④作新学院)のサヨナラタイムリーで決着

序盤、チャンスを作ったのは東大。
3回には明大先発の森下(④大分商)から連打で無死1塁3塁のチャンスを作る。
しかし東大はその後が続かず、チャンスを活かすことが出来ない。

その後は東大先発・坂口(④日比谷)と明大先発・森下が素晴らしい投手戦を見せる。

森下は毎回奪三振で中盤以降は危なげない投球を見せると、坂口もランナーは出すものの要所をきっちりと抑え先制を許さない。

そして試合は今春初の延長戦へ。
マウンドにはもちろん両投手が立つ。

そして10回、遂に決着がつく。
10回裏、2死から明大・1番丸山(②前橋育英)がレフトオーバーの2塁打を放ちチャンスを作る。
するとここまで坂口からチーム唯一のマルチ安打を放っていた2番添田(④作新学院)が勝負強さを発揮。
レフトオーバーのサヨナラタイムリーを放ち、明大が緊迫した投手戦に勝ち切った。

東大は坂口が低めに集める素晴らしい投球を見せるも勝ちきれなかった。