米国アンダーアーマー日本総合代理店のドームと富士通は、スポーツのデジタルビジネス分野での協業に合意し、スポーツ界の新たなビジネスモデルの創出を目指すことを発表した。

両社は、スポーツICTによるスタジアムを中心とした地域創生モデル(スマートベニュー)の実現やスポーツビジネスのデジタライゼーションなど、新たなスポーツビジネスモデルの創出を目的に協業を決定。ドームが持つスポーツチーム運営やアスリートサポートに関する知見と、富士通が取り組むスポーツICTソリューションを組み合わせ、サービスの実証・開発を行う。

具体的には、「いわきFCにおける観戦者向けサービスの実証」と「競技者向けサービスの共同開発」を実施。いわきFCにおける観戦者向けサービスの実証では、富士通のスポーツ向けDMPを活用した観戦者向けサービスの実証を行い、いわきFCのファンエンゲージメント強化と地域連携モデルの確立を目指す。

第一弾は、DMPを活用したスマートフォンアプリケーション開発を予定。2019年の興行試合での電子チケット購入、チケットレス入場、eオーダーによる飲食注文などのサービス実証を行う他、機能を順次追加し、多彩なサービスを提供する。本格運用は、2020年度を予定している。

競技者向けサービスの共同開発では、ICTによるアスリートのトレーニングのクオリティ向上を目指す。サービスには、富士通のスポーツ向けDMPを活用。第一弾として、育成年代のアスリートを対象とした個人の成長記録のストックを行う。2019年度内に記録に合わせてドームがトレーニングメニューを考案するサービスを開発・実証し、2020年度以降の本導入を目指す。