いよいよベスト8が出そろい、佳境を迎えた関東大学女子選手権(トーナメント)。今大会で初となる1部リーグ所属のチームとの対戦となったが、序盤からインサイドとアウトサイドをうまく生かし、シュートを決めていく。後半は自らのミスからテンポを崩してしまう場面もあったが、序盤に作った圧倒的なリードを守りながら、試合を優位に運んでいった。88ー53で見事松蔭大を破り、ベスト4進出を決めた。

 圧巻の立ち上がりであった。先制点をF澁谷咲月(スポ4=大阪薫英女学院)が決めると、その後は終始早稲田のペースに持ち込んだ。「きのうはリバウンドも取れず、ディフェンスもできなかったので、自分たちのオフェンスに繋がらなかった」(澁谷)という反省を生かし、きょうはオフェンスリバウンドを取り、セカンドチャンスからの得点が多かった。またインサイドからの攻撃が増えると、ディフェンスが薄くなるアウトサイドからの攻撃も生きてくる。きのう5本のスリーポイントを決め、「今シュートタッチが非常に良い」と話していたF細貝野乃花副将(スポ4=愛媛・聖カタリナ女)はきょうも前半に5本のスリーポイントを決めた。インサイドとアウトサイドの両方で得点を重ね、前半で50ー14と一気に相手を突き放した。


司令塔としてチームに指示を与える澁谷

 前半の流れのまま後半もゲームを支配したい早稲田だったが、第3クオーター(Q)からはオフェンスリバウンドも奪われるようになり、なかなか思うようにシュートを決めきることができない。シュートミスで相手に攻撃のリズムを渡してしまう場面も見られ、高林奈々(松蔭大)の連続スリーポイントなどで点差が縮まる。しかしそんな場面では「ディフェンスからしっかりやろうと声をかけていた」(澁谷)と焦ることなく、ディフェンスから持ち直した。C大原沙織(スポ2=東京成徳大)や澁谷が第4Qに得点を重ねていく。またフレッシュな桂蘭(スポ1=愛知・桜花学園)の堂々としたプレーも光った。「大学では高校よりも当たりが強くなっている」(桂)と感じながらも、恐れずにインサイドへ切り込んでいった。最後は早稲田のかたちを取り戻し、88−53で試合終了。ベスト4進出が決まった。


1年生ながら果敢に攻めていく桂