<写真・勝利を決めた杉園に駆け寄る選手たち>

 5月9日、大阪府南港中央野球場にて2019年度関西学生野球連盟春季リーグ戦第4節(対関大3回戦)が行われた。

  関学の先発は原(経3)。2回に四球で出塁されると、盗塁を許す。1死ニ塁の場面で適時打を放たれ、1点先制を許す。その後はピンチを作るも好投、好守で切り抜け、無失点に抑え、5回までを投げて降板した。継投したのは小田(経4)。8回に暴投で2死二塁のピンチを迎える。安打を放たれ、二塁走者がスタートを切るも、瀧本(経3)が好守を見せ、生還を防ぐ。9回まで0が並ぶ投手戦となった。一方の打撃は、4回までは、藏本(経4)、中内(経4)が1本ずつ安打を放つも無得点に終わる。1点をリードされ追いつきたい関学は5回、北野(社3)が四球で出塁すると、野口(社3)の犠打でニ塁へ進む。そこへ中内が適時打を放ち、同点に。均衡が破れたのは9回。大上(商4)、瀧本(経3)の連続安打で無死一、ニ塁のチャンスを作ると、代打の杉園(経2)が左前打を放ち、サヨナラ勝利を収めた。

   次戦は5月12日、同会場にて第4節対関大4戦目が行われる。

【関学】原、小田ー大上

【関大】高野ー久保田

試合後のコメント

中内理貴主将「1勝1分1敗で、Aクラス入りのためには負けられない試合だった。先制されたが、杉園が打ってくれると信じていたので、サヨナラで勝てて1番うれしい。次の関大戦は意地のぶつかり合いになると思う。この勢いに乗って、関大から勝ち点をとりたい」