照りつける日差しのなか山梨県境川自転車競技場で2日間にわたり、東日本学生選手権トラックが開催された。安倍大成(スポ3=岩手・紫波総合)が男子スプリントで、池上あかり(スポ1=福岡・祐誠)が女子3キロメートルインディヴィデュアルパーシュートで優勝。そのほか小野寛斗(スポ3=神奈川・横浜)が男子スクラッチで3位、河野翔輝(スポ2=奈良・榛生昇陽)が男子4キロメートルインディヴィジュアルパーシュートで3位、小泉夢菜(スポ3=埼玉・浦和工)が女子スプリントで2位になるなど、チーム早稲田は個人種目で申し分のない成績を残した。

★安倍が男子スプリントで勝負強さ見せ優勝!

 予選では思うようなタイムが出せなかった安倍。しかし、1/4決勝を危なげなく勝ち上がり、1/2決勝、決勝ではいずれも2本先取で勝利を決めるなど勝負強さを発揮した。ただ安倍は現在腰を壊していてあまり良い状態ではないので、夏に向けてコンディションを整えていきたい。全日本大学対抗選手権(インカレ)総合優勝には安倍の活躍が不可欠だ。


仕掛けのタイミングをめぐり駆け引きを行う安倍

★池上が女子3キロメートルインディヴィジュアルパーシュートで圧倒的な実力を見せつける

 予選では、相手選手を追い抜くなど圧倒的な実力を見せつけた池上。決勝でもその実力を発揮し、危なげなく優勝を決めた。ただ池上にとっては「試しにやってみようという感じの大会」であり、そこで簡単に優勝を決めてしまうところに彼女の大物ぶりを感じる。インカレでもその活躍を大いに期待できるだろう。


池上は他を圧倒するスピードを見せた

★団体種目は不振に終わる

 女子チームスプリントでは2位に入賞したものの、男子チームスプリントでは6位、男子チームパーシュートでは4位と満足のいく結果を残すことはできなかった。これらの団体種目は、インカレの総合優勝には重要な種目のため、上位の成績を取る必要がある。今大会での各々の反省点を詰め、インカレへ向けて万全の状態にもっていきたい。

(記事 菅沼恒輝、写真 加藤千咲、細井万里男)

結果

▽男子スプリント予選

安倍大成 6位 10秒721 1/4決勝へ
田中克尚(スポ4=岡山工) 18位 11秒517 敗退

▽男子スプリント1/4決勝

3組 安倍大成 先着 10秒51 1/2決勝へ

▽男子スプリント1/2決勝

2組 安倍大成 先着 決勝へ

▽男子スプリント決勝

安倍大成 先着 優勝

▽女子スプリント予選

小泉夢菜 2位 12秒618 女子スプリント1/2決勝へ

▽女子スプリント1/2決勝

2組 小泉夢菜 先着 決勝へ

▽女子スプリント決勝

小泉夢菜 後着 2位

▽男子ケイリン1回戦

4組 川副雷斗(スポ2=熊本・九州学院) 4位 敗者復活戦へ

▽男子ケイリン敗者復活戦

1組 川副雷斗 3位 敗退

▽男子ポイントレース予選

1組 細田悠太(スポ1=鹿児島・南大隅) 11位 決勝へ
2組 中川拳(スポ4=北海道・帯広三条)  7位 決勝へ

▽男子ポイントレース決勝

中川拳 12位
細田悠太 DNF

▽男子スクラッチ予選

1組 小野寛斗 1位 決勝へ
   山本真寛(社3=青森・八戸工大第一) 12位 敗退
2組 片野陸(スポ3=長崎・鹿町工) 3位 決勝へ

▽男子スクラッチ決勝

小野寛斗 3位
片野陸  9位

▽男子4キロメートルインディヴィデュアル・パーシュート予選

河野翔輝(スポ2=奈良・榛生昇陽) 3位 4分46秒72 敗退

▽女子3キロメートルインディヴィデュアル・パーシュート予選

池上あかり 1位 4分2秒71 決勝へ

▽女子インディヴィデュアル・パーシュート決勝

池上あかり 優勝 4分5秒675

▽男子チームスプリント予選

田中克尚・安倍大成・川副雷斗 6位 1分18秒52 敗退

▽女子チームスプリント予選

小泉夢菜・池上あかり 2位 59秒97 決勝へ

▽女子チームスプリント決勝

小泉夢菜・池上あかり 2位 1分0秒489

▽男子4キロメートルチーム・パーシュート

中川拳・小野寛斗・山本真寛・河野翔輝 4位 4分28秒97

コメント

中川拳主将(スポ4=北海道・帯広三条)

――チームパーシュートを振り返って

GWということで合宿を行っていまして、ずっとトラックで団抜き(チームパーシュート)の練習をしていました。去年の東日本(学生選手権トラック)でいい感触をつかめていたので、今年もインカレに向けていい感触を掴みにいこうという感じでした。実際に走ってみて、タイムは去年よりも全然よくはなかったですが、それぞれ反省点があったので、そこを詰め、4人の信頼感というか精度を高め、個々の力を伸ばすとともに4人の協調もより精錬させていくことでタイムを上げていきたいです。

――中川選手自身の反省点はどのようなものですか

ピストバイクにまともに乗り始めたのが大学生になってからなので、まだ慣れていないといったところですね。トラックレースで使用するピストバイクは普通のロードバイクに比べ回転が速く、その回転の速さに慣れきっていないので、インカレまでにもっとピストバイクにも慣れ、より効率的なペダリングができるようにしたいです。

――ポイントレースを振り返って、狙いなどはありましたか

朝起きた時から、合宿や昨日のレースの影響なのか足が重いと感じていました。ただレースの方がアドレナリンが出てしっかり追い込めるので、合宿の総仕上げとしてしっかり結果を狙って追い込んでいきたいと意気込んでいました。

――実際に走ってみてどうでしたか

ギアの選択が重かったこともあると思うのですが、結構な人数が降ろされるくらいレーススピードが速く、僕のコンディションが悪く想像以上に足が重かったので、ひたすら集団に付いていくだけの完走を目指す走りになってしまい、4年生最後の東日本なのに後味が悪いなという感じになりました。

――チーム全体の成績を振り返って

安倍が優勝してくれたり、小野も3位に入ったりと個人種目は満足の行くものでした。チーム種目は不発でしたが、そこは色々課題があるので、これからインカレに向けて上げていき、インカレで結果を残せれば結果オーライかなと思っています。

安倍大成(スポ3=岩手・紫波総合)

――優勝しましたが今の気持ちをお願いします

今シーズンの最初の大会で、優勝を目指していたので、優勝できてよかったです。

――レースを振り返って

予選で思ったようなタイムを出すことができず落ち込んだのですが、対戦で自分の走りができてよかったです。

――レースでの狙いなどはありましたか

特にはないです。自分の走りをするだけでした。

――収穫や課題などはありましたか

腰を壊していて力があまりでない状態なので、しっかり治して次の大会に向けてコンディションを整えることがやるべきことですね。

小野寛斗(スポ3=神奈川・横浜)

――今大会は合宿後すぐのレースでしたが、仕上がりはいかがでしたか

合宿の前から結構練習していたので、合宿でもいい感覚がつかめてこの東日本に臨むことができました。

――今大会のレースプランは

スクラッチはもうスプリントだけを狙ってて、逃げられたら仕方ないというくらいの気持ちでいました。

――きょうのレースを振り返って

完全に最後は僕の展開だったんですけど、ギアもかけていたので。でも少し位置取りが悪くて最後まで差し切ることができなかったんですけど、感覚はすごいよかったので練習の成果がちゃんと発揮できたと思いました。

――3位という結果はどのように受け止めていますか

決勝走る前から1位か3位ってずっと思ってたので、まさか本当に3位になるとはという感じだったんですけど、昨年より完全に走れているので悪くはないかなと思います。

小泉夢菜(スポ3=埼玉・浦和工)

――今大会への仕上がりはいかがでしたか

調子良かったです。

――今大会の目標は

冬場明けの初めての試合だったので、インカレに向けて自分がどのくらいの位置にいるのかを確かめるための試合でした。

――きょうのスプリントのレースを振り返って

やっぱり対戦系が苦手だなという意識がすごくあったんですけど、今はそれ以上にもうちょっと経験を積まないといけないなと思いました。

――チームスプリントでは池上選手と共に出場されました

まだ合わせてるのが3、4回しかないので初めてにしては良かったかなと思っています。

――今回の結果はどのように受け止めていますか

これが今の自分の実力なので仕方ないなと思ってるんですけど、せっかく早稲田大学に入って科学的なトレーニングとか分析して勝つ方法などを授業で学んでいるインカレまでにきょうの試合とかの分析をして頭で勝ちたいなと思います。

河野翔輝(スポ2=奈良・榛生昇陽)

――今大会までの仕上がりはいかがでしたか

この前の合宿で2日間だけだったんですけどそんなに調子が良くなくて、大学に来てたぶん一番調子が悪かったかなと思って、そのままこっちに来たって感じで仕上がりはあまり良くなかったですね。

――今大会での目標は

合宿前までは優勝タイムを狙おうと思っていたんですけど、合宿に行ってから自分の調子が良くないとわかったので自分の現状の力を見るために入賞か表彰台に乗れたらいいかなというタイムでいこうとレースを走りました。

――実際に走った感覚はいかがでしたか

合宿の最終日に休養みたいな感じで軽めに練習したんですけど、そのおかげか体がいい感じに回復してレース自体はいい感じに走れたと思います。

――今回の3位という結果はどのように受け止めていますか

チームとして、この合宿から強度を高くし始めたばかりなので、今後のインカレに向けて悪くはないのかなと思います。

細田悠太(スポ1=鹿児島・南大隅)

――きょうのレースを振り返って

きょうのレースは大学生になってから初めてのレースだったので、全然走ることができなくて、大学生の大会の厳しさを感じました。

――どのようなところに厳しさを感じましたか

高校時代からギア比が変わり、今まで踏んだことが無いような重いギアで練習などを行っていたのですが、実際にレーススピードになると全然踏めず、大学クラスの走り方ができていないと感じました。

――課題や収穫はありますか

ただ単にスピード不足というか自分の足が少なかったなという感じでした。レース感的にはそこまで苦手ではないのですが、自分の足の弱さといった課題が大きく見えました。あとはレースの流れやレースの感じは今回のレースでつかむことができたので、足をしっかりつけ、次回のレースに向けて調整していきたいです。

池上あかり(スポ1=福岡・祐誠)

――優勝してもあまり喜んでいるように見えませんでしたが

大学生初めての大会で、皆の顔が圧迫的だったので、下を向いておこうという感じでした。

――大学生初のレースでしたが、あまり緊張していませんでしたか

緊張はしていましたが、人数がそこまでいなかったのと、インカレのような大学対抗ではないので少し気が楽でした。

――個人パーシュートを振り返って

高校生までは距離が2キロメートルだったのですが、大学から3キロメートルになって、あまり3キロメートルで測ったことがなかったので試しにやってみようという感じの大会でした。

――チームスプリントを振り返って

私のダッシュが遅いので、先輩(小泉)に助けてもらっているのですが、インカレまでにはもっとダッシュつけて速くなりたいですね。