あと1点に届かなかった。初戦を白星で迎えた対立大2回戦。2回裏、守備が乱れ5点を失い序盤から劣勢に。後半から立ち直り猛攻を仕掛けるが、あと一歩のところで追いつけず。結果は5―6で敗れ、勝ち点は次戦に持ち越しとなった。

◆4・6~6・2 東京六大学春季リーグ戦(早大伏見グラウンド他)

◆5・6 対立大2回戦(早大東伏見グラウンド)

明大5―6立大○

2回戦 1 2 3 4 5 6 7 8 9
明大 0 0 0 0 0 1 1 0 3 0
立大 0 5 0 0 0 1 0 0 × 6

 勝利の女神は微笑まなかった。対立大2回戦の先発は、高島泰都投手(法2=滝川西)。おとといの初戦でも先発を務めたが、4回5―2で雷の影響によりノーゲームになっただけに「勝ち点を決めたかった」(高島)。しかし2回裏、ミス連発で大量5失点。さらには「運が悪かったとしか言えない」と悪送球に対応した一塁手・千田京平主将(農4=花巻東)が走者と衝突でまさかの負傷。幸いにも負傷交代には至らなかったが、流れは立大で試合は進んだ。4回表には無死二、三塁の好機で武田眞内捕手(政経3=明大中野八王子)が犠飛を放つが、三塁走者・栗原敬昌(法4=高崎)がタッチアップできずに無得点に終わる。それでも試合後半にはペースを取り戻し、4点差で迎えた9回表、無死満塁の好機で3点を返し、あと1点に迫った。相手投手の投球が乱れまたも2死満塁の好機になると、打順が回ってきたのは主将・千田。これ以上ない好機に気合の入ったスイングを見せたが、左飛に打ち取られ5―6の悔しい敗戦となった。

チャンスを決め切りたい。「本当に自分の責任です」とグラウンドを後にした千田主将だったが、今試合の残塁数は16。チームとして好機を生かす打線が勝利に直結してくる。それでも「打線は水物」(千田)。打ちたい気持ちが先行するだけではつながらない。全員の気持ちを一つに次戦で勝ち点をつかみにいく。

[木田諒一朗]

試合のコメント

千田

――9回表の雰囲気はいかがでしたか。

 「逆転しようという雰囲気の中、満塁で自分に回してくれて打てなかったので本当に自分の責任です」

――立大3回戦に向けて意気込みをお願いします。

 「もう勝つだけなので、明日勝ち点を取れるように全力で頑張ります」

高島

――守備でのミスが多く目立った場面がありました。

 「野手の声掛けや任せるところは任せてという事前の準備があれば、エラーは起きないと思うので、事前に防ぐ努力をしたいと思います」

――自身の投球の調子はいかがでしたか。

 「外で見ていた人でも分かるくらいにいつもより球が走っていなかったです。自分でも全部高めに浮いてしまったので、やっぱり打者の打ちやすい球になってしまって当然の結果になったと思います」