3勝3敗で迎えた1次リーグ最終戦、勝てば上位リーグ進出となる早大は同じく上位リーグ進出を狙う日体大と対戦した。前半、両チームなかなか得点を奪うことができない。開始から10分間で両チーム合わせて3点しか入らない堅い序盤戦であった。中盤以降は先行する日体大、追いかける早大という展開になり、日体大の3点リードで前半を折り返す。後半、その差を埋めたい早大であったが、エースの吉田瑞萌(スポ3=東京・佼成学園女)の不在が影響しなかなか攻撃の形を作ることができないでいると、逆に日体大に点差を広げられてしまう。終盤、反撃を見せた早大だったが最後まで追いつくことはできず、悔しい敗戦となった。

前半、攻勢を仕掛ける日体大に対して劣勢を強いられるが、序盤から大沢がファインセーブを連発。自分たちの攻撃の時間が少ない中でも相手に得点を許さず、ロースコアで試合が進む。序盤なかなか攻撃の形を作れなかった早大であったが、この日関東学生春季リーグ(春季リーグ)初先発となった衣川紗菜(スポ3=愛知・旭丘)が「チームに勢いをつけたいと思っていました」という言葉通りのプレーでチームを盛り立てる。速攻からチーム初得点を挙げると、直後には7メートルスローを獲得。その後も見事な反転からのポストシュート、速攻のこぼれ球を押し込むなど、序盤のチームの全得点に絡む活躍を見せる。ディフェンスは、「相手の10番に思ったより打たれてしまった」(山根萌、スポ3=東京・昭和学院)というように、日体大の中央からの攻撃に対応できず、点差を広げられてしまう。だが、一時は5点にまで開いた点差を杉山瑞樹主将(社4=神奈川・横浜創英)、岡崎麗(教3=埼玉・浦和実)、阿部美幸(スポ2=東京・佼成学園女)などのゴールで徐々に点差を縮めていき、3点のビハインドで前半を折り返した。


起用に応え、チームを勢いづけた衣川紗

後半、数的不利な相手に対して幸先よく得点を奪って2点差に迫ったが、その後なかなか点差を縮められず、逆に点差を広げられてしまう。試合後、「自分が決めたら盛り上がるというのはわかっていた」と言った山根が得点を挙げてチームを盛り上げるが、チームとしてはなかなか有効な攻撃を仕掛けられない。「(相手の守備に対する)打開策が無く、行き当たりばったりになってしまった」(衣川紗)というように、なかなか有効な攻撃を仕掛けられない早大の姿は、吉田不在の影響を大きく感じさせた。終盤、意地を見せて7点まで開いた差を4点まで縮めたものの、中盤までのツケは大きく、悔しい敗戦で下位リーグに回ることになった。


敗戦し、悔しい表情を見せる選手たち

試合後、上位リーグ進出を逃した選手たちの顔からは悔しさがにじみ出ていた。目標が目の前まで来ていただけに、悔しさも大きかったのだろう。人数が少ないチームの中で負傷者、体調不良者が発生し、苦しいチーム状況だったが、それを言い訳にする選手はいなかった。逆に、この苦しい状況はチーム力の向上を目指すうえではチャンスともいえるだろう。2次リーグまで時間はないが、課題を修正し全勝で春季リーグを終えたい。

(記事 稲葉侑也、写真 小松純也)

関東学生春季リーグ
早大1810-13
8-9
22日体大
GK 大沢アビ直美(スポ4=東京・佼成学園女)
LW 杉山瑞樹(社4=神奈川・横浜創英)
LB 紅林詩乃(スポ2=東京・佼成学園女)
DF 山根萌(スポ3=東京・昭和学院)
PV 衣川紗菜(スポ3=愛知・旭丘)
RB 阿部美幸(スポ2=東京・佼成学園女)
RW 衣川直緒(社3=愛知・星城)
コメント

山根萌(スポ3=千葉・昭和学院)

――お疲れ様でした。まずきょうの敗戦へ一言お願いします

絶対勝って上位に行きたかったので、すごく悔しいです。

――相手の速い攻撃は実際にいかがでしたか

リスタートが早いのはわかっていたのですが、なかなか止められなかった印象ですね。

――早大のオフェンスとディフェンスはそれぞれ振り返っていかがですか

セットディフェンスでは相手の10番に思ったより打たれてしまいました。オフェンスでは瑞萌(吉田、スポ3=東京・佼成学園女)がいない中で、それぞれ個々で補おうという気持ちは見られたと思います。

――吉田選手がいない中、意識したことはありますか

自分はいつもは出られない分チャンスだと思っていました。自分が決めたら盛り上がるというのはわかっていたので、頑張ろうという気持ちでやりました。

――一次リーグ全体を振り返って早大の戦いぶりはいかがでしたか

目標にここまで近づくことはなかったので、その分悔しさも大きいです。

――最後に2次リーグへの意気込みをお願いします

絶対全部勝って5位になりたいと思います。

衣川紗菜(スポ3=愛知・旭丘)

――今の率直な感想を教えてください

悔しいというのが正直なところで、きょうの1次リーグ最終戦まで上位リーグにいける可能性が残っていたので、そのチャンスを活かしきれなかったというのが一番悔しいです。

――試合を振り返っていかがでしたか

前半を3点差で折り返せたっていうのは、自分たちとしては結構踏ん張れたかなと思っていて、3点差前後で折り返そうというのをいつも話しているので、その点差で折り返せたのは後半ここから頑張っていこうと思えたのでよかったんですけど、後半、どうやってその3点を返していくかという面で打開策がなく行き当たりばったりになってしまったので、そこで何か打開策が自分たちの中で見つかればもう少し勝負できたのかなと思います。

――試合中、意識したことはありましたか

自分自身、今シーズン初めてスタメンだったので、ちょっと緊張してた部分はあったんですけど、同じポストの美春(垣内美春、社3=富山・氷見)がインフルエンザで出れなくて、瑞萌が昨日の怪我で出れないということで、今いるメンバーで協力しあって助け合ってどこまでできるかっていうのを意識してやっていたので、自分としては、速攻で走ったり、ポストでは小さくても相手ディフェンスの間を走ってペナルティだったり退場を誘おうというのは普段から意識してやっているので、いつも通りのプレーを心がけてして、チームに勢いを付けたいと思っていました。

――1次リーグを終えて、チームの課題はなんですか

きょうの試合ですごい出ていたと思うんですけど、吉田、阿部という両エースがいる中で、その二人に頼らずに、他のメンバーがどれだけ活躍して満遍なく点を取って試合を運べるかというのが課題だと思います。人数が少ない中でやっていて、誰か一人が欠けたら戦力が落ちてしまうというのはあってはならないことだと思うので、2次リーグまであまり時間はないですけど、来週瑞萌が出れるかもわからないので、その穴をどうやって埋めるかというのが、早急に対処しないといけない課題だと思います。

――次戦への意気込みをお願いします

下位リーグになってしまったんですけど、あとの3戦勝ち切って5位で終えるというのが大事だと思うので、自分がどれだけ出るかもわからないですが、チームのために頑張って走りたいと思います。

――