昨年3月に両膝の人工関節設置手術を行なったプロレスラーの武藤敬司が、6月26日に後楽園ホールで開催される長州力の引退試合「POWER HALL 2019 New Journey Begins」で1年3カ月ぶりに復帰する。



両膝の手術を乗り越えてリングに復帰する武藤敬司

 1984年10月5日のデビューから、今回を含めて5度の手術を経験した武藤だが、これほどの長期間に渡りリングを離れたのは初めてだった。

 武藤の必殺技「ムーンサルトプレス(日本名:月面水爆)」の華麗な舞いは、多くのファンを魅了した一方で、両膝をダイレクトにマットに叩きつけてダメージを蓄積する”諸刃の剣”でもあった。両膝を痛めては手術を重ね、日常生活では杖が手放せず、長い距離を歩くときは車イスが必要なほどだった。

 それでも何とかリングに立ち続けたが、ついに痛みが限界に達し、2017年12月に手術を決断した。プロレスを続けるには、人工関節を入れる以外に選択肢はないと判断。その分野で世界的権威である、苑田会人工関節病院の杉本和隆病院長に「人工関節を入れてもプロレスはできます」と背中を押され、手術に踏み切った。

「そろそろ辞め時かなぁって頭をよぎったことは事実だよ。でもね、リングに上がりたい気持ちがオレの中では上回っていたんだ。そこに理由なんかない。ただ、もしあるとすれば、やっぱりプロレスが好きだっていうことだよね。オレの中では”天職”だと思ってやってきた。あの時点で辞めたくなかったし、そうしたら後悔すると思ったからね。プロレスを続けるために、人工関節を入れることを決断したということですよ」

 ただ、手術に際して杉本医師からひとつの宣告を受ける。術後は、膝に大きな負担を強いるムーンサルトプレスを封印することだ。

“スペース・ローンウルフ”と騒がれた若手時代、1990年代初頭のスーパーベビーフェイス時代、UWFインターナショナルとの対抗戦、nWo、全日本プロレス……さらに自身の化身である”グレート・ムタ”としてリングに上がった時も、常にファンを沸かせてきた月面水爆。「さよなら」は苦渋の決断だったが、「プロレスを続けていくための前向きな判断だった」と武藤は明かす。

 昨年3月14日の「WRESTLE-1」後楽園ホール大会では”武藤敬司”として、3月25日の「DDT」両国国技館大会では”グレート・ムタ”として最後のムーンサルトプレスを舞い、愛する必殺技に別れを告げた。

 その数日後に手術を行なってから1年。リハビリも順調に進み、4月6日にはアメリカのインディー団体「HOG」のニューヨーク大会で、まずは”グレート・ムタ”として復活した。さらに同日夜、古巣の新日本プロレスが初進出したマディソン・スクエア・ガーデンでのビッグマッチで、”第0試合”の31人参加の時間差バトルロイヤルに大トリで降臨。ムタは日米のファンにビッグサプライズを起こした。

 そしてとうとう、”武藤敬司”としての復帰が目前に迫ってきた。人工関節を入れた両膝、56歳という年齢を考えても、待ち受けるのは茨の道かもしれない。

「オレ自身、厄介だということはわかってる。だけど、21歳で新日本に入って、ここまでプロレスラーとして生き続けてきて、この生活を今さら変えたくないんだよね。朝起きて、飯食って、練習して、午後は仕事して、また練習して。夜はワインを飲んで、そして試合があるから、そこに向けて気持ちと体を高めていく。このサイクルが体にしみ込んでいるから、このルーティーンを変えたくねぇんだよ。

 もし変えちまったら、オレの人生そのものが終わっちまうような気すらしている。本当のところは、どこまでできるかわからない。だけど今は、『プロレスラーとして生涯をまっとうしよう』という思いしかないんだ」

 さまざまな困難は覚悟の上。それでも”全身プロレスラー”とも言うべき生き様を変えられないことが、武藤を再びリングへ向かわせる礎となった。6月26日の復帰戦は藤波辰爾、真壁刀義と組み、引退試合となる長州力、越中詩郎、石井智宏と対戦する。復活の相手がリングを去る”革命戦士”というのも運命を感じる。

「復帰する試合で、辞めていく長州さんと戦うっていうシチュエーションが面白いなって思ってさ。どうなるか。出たとこ勝負ですよ」

 いたずらっぽい目で復帰戦をにらんだ武藤は、また何かファンを驚かせようとたくらんでいるようにも見えた。