<写真・試合終了後、深々と頭を下げる選手たち>

   

 5月5日、ほっともっとフィールド神戸にて2019年度関西学生野球連盟春季リーグ戦第5節(対同大1回戦)が行われた。

   関学の先発は黒原(社2)。1回、先頭打者に出塁を許す。その後は8人の打者を出し、一気に3失点。2回を投げ降板。続く3回は、深見(総4)が三者凡退に抑え降板。継投したのは小田(経4)。走者を出すも得点は許さず、7回まで投げ切った。8回にマウンドに上がったのは松田(経3)。四球で満塁のピンチを迎えた降板。ピンチは加藤(社3)に託された。だが、またも四球で走者を許し、押し出しで1点を追加された。一方の打撃は1回には中内(経4)、2回には仲田(総4)が安打を放つも打線は繋がらず無得点。3回にも中内が2塁打を放つも、チャンスを生かせず。関学に流れが来たのは4回。高尾(社4)、大上(商4)と打線がつながり1点を返す。その後、5回、6回にも安打は生まれたが、無得点に終わった。続く7回、藏本(経4)が四球で出塁すると中内が今試合3本目の安打を放ち、無死一、二塁のチャンスを迎える。4番の高尾が適時打を放ち、1点を返した。その後はチャンスで粘り切れず、敗北となった。

   次戦はあす、同会場にて第5節対同大2戦目が行われる。

【関学】黒原、深見、小田、松田、加藤ー大上

【同大】髙橋、西村、道端ー栗林

  

試合後のコメント

中内理貴主将「勝たなければいけない試合だった。流れが来ていたし、点を取れるチャンスが何度もあった。3安打を放ってもチームが勝たなければ嬉しくない。ピッチャーも頑張ってくれたが、原因は4年生にある。4年生が追い込まれている時に力を発揮しなければ意味がない。あすは本当に勝つしかない。負けたら引退するくらいの気持ちでプレーする。4年生にも言い聞かせ、追い込むしかない」