東京六大学リーグ春季リーグ戦 対立大 1回戦
2019年5月4日(土)
神宮球場

 

慶大とのカードで惜しくも勝ち点を落とした法大。連覇に向けここから一つも落とせない戦いが続く中、令和初戦となる立大1回戦を迎えた。先発を任されたのは鈴木昭汰(キャ3)。慶大戦では好投を見せた鈴木だったが、今日は序盤から立大打線につかまり3失点。2回でマウンドを降りる形となった。打線は主将・福田光輝(人4)の豪快な一発、また、安本竜二(営4)のリーグ史上5人目となる4試合連続本塁打が飛び出すも、つながりを欠きわずか2得点。最後まで立大先発・田中誠也を打ち崩すことができずに2-3で敗戦となった。 

戦評

夏を思わせる陽気の中行われた令和最初のリーグ戦。前カードから先発オーダーを組み換え、立大に挑んだ。

法大の先発は鈴木昭汰(キャ3)。初回から立大打線につかまり、2死一、三塁から踏ん張りきれず、5番・三井健右に右越え適時二塁打を浴びて1点を失う。しかし、2回に福田光輝(人4)の右越えソロで法大はすぐさま同点に追いつく。続く打者は6番・中堅でスタメンに抜てきされた立花海都(文3)。打った打球は二遊間を割り、リーグ戦初安打をマークした。その後は後続が併殺打に打ち取られるなどし、1得点に留まった。

ギアを上げたい鈴木だったが、7番・中嶋瞭、9番・笠井皓介に安打を許し1死二、三塁のピンチに。迎える打者は初回に捉えられた宮﨑仁斗。再び左前に安打を打たれ、一気に走者が生還。さらに2点を失った。3回の攻撃で代打が出され、鈴木は2回3失点と不完全燃焼でマウンドを降りた。早い段階での継投となったが、中継ぎ陣が奮闘。内沢航大(キャ4)、新井悠太朗(営4)、柏野智也(営3)がそれぞれ無失点と役割を果たし、立大打線を一気に鎮めた。

一方の打線は田中誠也を相手に苦しい展開が続く。5回には代打・羽根龍二(社3)が立花に続きリーグ戦初安打となる右前打を放つなど、わずかに好機を演出したが、ここまで好調だった上位打線が急ブレーキ。1点ビハインドのまま前半戦を終えた。

巻き返しを図りたい6回。先頭は3試合連続で本塁打を放っている安本竜二(営4)。2球目の変化球を打ち返すと打球は左中間スタンドへ。リーグ記録にあと1本と迫る、圧巻の4試合連続本塁打を記録した。

安本が記録した4試合連続本塁打はリーグ史上5人目となる快挙となった

続く4番・伊藤寛士(文4)、5番・福田の連続安打で無死一、三塁の場面を作り、三塁側からはノンストップでチャンス法政が響く。しかし、相手は六大学を代表する左腕。3人連続で打ち取られ、勝ち越しの絶好の好機を逃した。

7回からは朝山広憲(法4)が登板。慶大戦では精彩を欠いたが、8回までを完璧に抑えて続く攻撃に望みをつないだ。後がない9回表。代打で舩曳海(キャ4)が起用された。フルカウントから四球をもぎ取ると、古山侑杜(社4)が1球で送りバントを成功。得点圏に走者を置いた。しかし、やはり1本が遠かった。代打・中村迅(営3)、1番・宇草孔基(営4)がフライに倒れ、試合終了。前カードで勝ち点を落としていただけに、手痛い一敗を喫した。

「前の試合から本塁打でしか(点を)取れてない」と福田主将が語るように、対慶大3回戦に続き、この試合での得点も本塁打のみによるもので、打線がつながりを欠いている。秋春連覇に向け窮地に立たされた今、掲げているスローガンを再確認し、明日からは『結束』の野球で連勝をつかみたい。 (渡辺詩織)

クローズアップ:朝山広憲

「チームに迷惑しかかけてこなかった」。答えたのは今季から副将を任された朝山広憲(法4)だ。

朝山がこのように語った理由は前週行われた慶大戦にある。 多くの法大の選手が前半戦の山場と考えていた注目のカード。その第1戦、1点ビハインドの場面で最終回に朝山は登板した。リードを許している場面で登板する投手は追加点を許さずチームに勢いをもたらすのが理想。その中で朝山は慶大・小原和樹にダメ押しとなる3ランを浴びた。その裏に安本竜二(営4)がソロ本塁打を放っただけに手痛い一発となった。続く第2戦では、リードする場面で慶大・中村健人に反撃の2点適時二塁打で1点差とされ、2試合連続で失点するという本人にとって非常に悔しい結果となった。

その中で迎えた今日の立大戦。法大の先発・鈴木昭汰(キャ3)が早めの降板となり、この試合は継投策となった。6回までに4投手が登板し、ついに7回裏にビハインドで朝山の出番が回ってきた。「後輩たちが抑えてくれてたので、4年生として、副将として抑えないといけないと思った」と言うように、2回を1人のランナーも許さない完璧な投球を披露した。慶大戦の後に少し投球フォームを修正して挑んだこの試合。チームは敗れたものの、朝山の復調の兆しが見えた試合となった。

今季も主に中継ぎ、抑えとして起用が多い朝山。今後も重要な場面で登板する機会が予想される。「気持ちを全面に出して法政に流れがくるようにしたい」。これからも副将としての意地を見せていく。優勝はまだ諦めていない。 (鈴木滉平)

選手インタビュー

福田 光輝 主将
 —今日の試合を振り返って
こういうゲームを勝ちきることが大事になるんだなと改めて感じました。

 —自身は本塁打を放ちました
たまたま打った球が良い結果になっただけなので、また切り替えて明日も打ちたいなと思います。 —今日は本塁打のみの得点となりました 前の試合から本塁打でしか(点を)取れてないので、得点圏にランナーがいる場面でもう一本出せるようにまた、課題をしっかり克服できるようにやっていきたいなと思います。

 —今日のチームの雰囲気としては
悪くはないんですけど、自分らに隙があったから点取られて負けるということになったと思うので、やっぱり強い気持ち持って隙を見せずに挑むのが1番良いのではないかなと思います。

 —明日への修正点などは
打つ打たないも、投げる投げないも、明日勝たないと意味がないのでフレッシュな気持ちで試合に入っていけたらなと思います。

 —明日への意気込みを
明日は勝つしかないので初回から気持ち入れてやっていきたいと思います。


朝山 広憲 副将
—今日の試合を振り返って
今日は序盤にうちが先に3点を許してしまって追いかける展開になってしまったんですけど、その後しっかりピッチャー陣に関してはすごく粘るピッチングができたと思います。

—どんな気持ちで登板しましたか
ここまでチームに迷惑しかかけてなかったので、それプラス他の(今季)初登板のピッチャーもいましたし、色々な後輩たちが抑えててくれていたので、ここはもう4年生として、副将として抑えないといけないなと思ってマウンドに上がりました。

 —2回パーフェクトでした
まだ全然納得いってないですし、自分の本当に良い時のボールはもっと良いと思っているので、今日はあくまでもしっかり抑えれたというふうに満足せず、次に活かしていきたいと思います。

—慶大戦では思うような投球ができませんでした
慶大戦が一番優勝するために大切なカードだったんですけど、そこで自分の力が出せなかったのは自分の甘さだと思いますし、自分がやってきたことがまだまだ結果に出てないと思っているので、これからはリーグ戦中ではありますけど、スキルアップできるように日々やっていきたいと思います。

—次回の登板に向けて意気込みをお願いします
自分がいく時はどんな場面なのかわからないんですけど、しっかり気持ちを全面に出して、法政に流れが来るようなピッチングを頑張りたいです。


柏野 智也 投手
—今日の試合を振り返って
今日はストレートの強さも出ていて、ストレートで勝負することができ自分のピッチングができたかなと思います。

—試合前のコンディション
試合入る前に荒れていたところもあったのですが、キャッチャーの古山さんに「何にも考えずに腕を振ってこい」と言われたので今日みたいないいピッチングができました。

—チームの雰囲気は
練習のときでもみんな声が出ていて、今日の試合入る前もいい雰囲気でできていたので、チームの雰囲気はよかったと思います。

 —序盤から中継ぎ陣がフル稼働でしたが準備はしていましたか
準備は毎回していました。監督から右バッターのときにいくよと言われていたのでそのバッターに合わせて準備していました。

—明日に向けて意気込みをお願いします
明日は絶対に、何がなんでも勝って3日目に進みたいと思います。


 安本 竜二 内野手
—今日の試合を振り返って
 勝ちきれなかったことがただ悔しいです。

—自身としては4試合連続本塁打となりました
田中投手が良いところに投げきれていたので、初球からどんどん振っていかなければいけないなと思っていて、良い形で引っかかってくれたので、良かったです。

—リーグ史上5人目となる快挙となりました
3試合連続を打った段階で、周りからいろいろと言われてはいたのですが、個人的には全く意識していませんでした。しっかり集中していた中で出たホームランだったので、良かったなと思います。

—打線は全体としてつながりが見られませんでした
一つのチャンスを何とかものにして、点を取っていかなければ勝てないと思うので、そこは修正していきたいと思います。

 —明日に向けて
もうとにかく勝つことだけだと思うので、全員で粘って、強い気持ちを持ってやるだけだと思います。


立花 海都 外野手
 —今日の試合を振り返って
 今シーズン初ベンチ入り、初スタメンで緊張はあったんですけど、自分が起爆剤となって勝利に貢献しようと思っていました。今日負けてしまったので明日は絶対勝とうという気持ちです。

—2安打をマークしました
相手の投手のチェンジアップがいいとデータや映像で見ていたので、体を開かないように打とうというのを意識しました。それで、1打席目にチェンジアップを上手く捉えられたので良かったです。

—急な先発起用となりましたが、首脳陣からかけられた言葉などは
昨日突然学生コーチから呼ばれて、明日スタメンだからと言われた感じです。 —チームは打線のつながりを欠きました チャンスであと一本が出なかったので、明日はチャンスで結果が出せるように調整したいです。

—自身も6回のチャンスの場面で凡退してしまいました
打席に入るときの心境は若干力み過ぎたのが、ミスショットにつながってしまったんだと思います。

—明日の立大投手陣への対策は
この後帰ってビデオやデータを見て、備えようと思います。 ー明日への意気込みをお願いします もう負けられないので、明日、明後日で連勝して勝ち点を取りたいと思います。

フォトギャラリー

先発した鈴木
2回に豪快な右越えソロを放った福田
立花は2安打を記録し、スタメン起用に応えた
3回から登板した内沢
新井は気迫あふれる投球で1イニングを無失点に抑えた
リーグ史上5人目となる4試合連続本塁打を記録した安本
力強い直球で打者を圧倒した柏野
最終回の攻撃でしっかりと犠打を決め、好機を演出した古山