立教大学 9 - 5 法政大学
勝:中﨑 敗:朝山
本塁打 立大・山田 2号(1回)/法大・安本 5号(5回)

立大4番・山田(①大阪桐蔭)が先制ホームラン、勝ち越し打を含む4安打3打点の活躍で立大が勝ち点を獲得

1回表、幸先よく立大が先制する。
2死3塁から立大4番・山田(①大阪桐蔭)がレフトスタンド中段へ運ぶ先制の2ランホームランを放つ。
大型ルーキーの豪快なホームランで立大が先制に成功する。

しかし法大も反撃を開始する。
3回裏、1死1塁2塁から法大1番・宇草(④常総学院)がレフト前へタイムリーヒットを放つ。 続く2番相馬(④健大高崎)が1塁へのセーフティバントを成功させ、チャンスを広げる! そのチャンスで3番安本(④静岡)がレフト前への2点タイムリーヒットを放ち、法大が一気に逆転に成功する。

しかし5回裏、4試合連続のホームランを放っている安本が覚醒する。
2死3塁のチャンスで、左中間へ貴重な同点2ランホームランを放つ。
これが5試合連続となるホームランとなり、六大学野球タイ記録に並ぶ。

ドラマは9回に。
9回表、1死1塁3塁と立大がチャンスを広げると打席には今日3安打の4番でルーキーの山田。外角のボールに食らいつくと、これをショートが取れず貴重な勝ち越しとなるタイムリー内野安打。頼りになる1年生4番が今日4安打3打点の活躍。その後も打線が続き、9回に一挙4点を追加。立大がこのまま9回裏を抑え、勝ち点を獲得。