東京大学 0 - 15 慶應義塾大学
勝:木澤 敗:小林大
本塁打:慶大・嶋田 2号(1回)、正木 2号(3回)


慶大打線が爆発。中村(④中京大中京)と嶋田(③樹徳)が共に4打点の活躍で慶大が勝ち点獲得。

1回裏、1死1塁2塁から慶大4番・郡司(④仙台育英)がレフト前へのタイムリーヒット。
さらに6番・嶋田(③樹徳)がレフトスタンドへ今春2本目の3ランホームランを放ち、一気に4点を先制する。

2回裏には中村(④中京大中京)の適時打でさらに1点を追加する。
3回裏、無死1塁から慶大5番・正木(②慶應)が2ランホームランを放ち、リードを7点に広げる。

さらに慶大打線は攻撃の手を緩めない。
4回には再び中村と嶋田(③樹徳)のタイムリーでさらに3点を追加しリードを9点に広げる。
5回裏には中村が今日4打点目となる2点タイムリー2ベースを放ち、慶大は11点目をあげる。

しかし東大も6回以降は粘りをみせ、失点を許さない。
8回表、東大は2死ながらも1塁3塁のチャンスを作る。 しかし後一本が出ずチャンスを生かすことが出来ない。

その裏には慶大・福井(②大阪桐蔭)、瀬戸西(③慶應)のタイムリーに相手のエラーも絡み4得点。
慶大は試合を通して攻撃の手を緩めず連勝となり、勝ち点を獲得。