大会も佳境を迎えた関東学生トーナメント(春関)4日目。この日は男女シングルスの3回戦、4回戦が行われた。男子シングルスでは白石光(スポ1=千葉・秀明八千代)との同士討ちを制した田中優之介(スポ3=埼玉・秀明英光)が続く4回戦をストレートで突破、千頭昇平(スポ3=愛知・誉)も3、4回戦をいずれもストレート勝ちでベスト8入りを決めた。女子シングルスは3回戦に9選手、3回戦を突破した5選手が4回戦に出場したが、準々決勝進出を決めたのは清水映里(スポ3=埼玉・山村学園)一人にとどまった。

★奮闘も、満足いく結果を残せず(立大新座コート)


主将の髙村は逆転負けで3回戦敗退となった

 立大新座のコートで最初に行われたのは、女子シングルス。倉持美穂(商3=東京・早実)は田中李佳(スポ2=兵庫・相生学院)との先輩後輩対決に挑んだ。早々に主導権を握ったのは倉持だった。ストロークが定まらない田中李に対し、落ち着いてプレーを決めていく。気が付けばファーストセットは一度もゲームを許さず、その後も危なげなく試合を進め、勝ち取った。続く4回戦は力強い相手のショットに押され、思うようなプレーをさせてもらえない。しかしセカンドセットに入ると、粘りを見せる。ラリーをしていく中で、相手のミスから流れを引き寄せていき、4-1と有利に試合を進めていった。しかし、調子を上げてきた相手に徐々に追いつかれ、勝負の行方はタイブレークに。最後は「ラリーの中での駆け引きで差が出た」(倉持)と反撃もかなわず、4回戦敗退となった。下地奈緒(社3=沖縄尚学)は試合を通じてラリー戦を制しきれず、敗戦。2回戦で優勝候補の一角を破り、勢いそのままに勝ち進みたい押川千夏(社1=福井・仁愛女子)。3回戦を正確なストロークで突破すると、前の試合で下地を破った竹本(明大)と対戦が実現。試合は相手のサービスゲームに最後まで苦しめられ、ストレート負け。初の春関は4回戦で幕を閉じた。
 男子シングルスは2選手が立教のコートに登場した。はじめに試合に臨んだのは高村佑樹主将(スポ4=千葉・東京学館浦安)。高見澤岳飛(亜大)と高いレベルのラリー戦が繰り広げられる中で、先にリードを奪ったのは高村。気持ちの入ったプレーで、一進一退の展開から抜けだし、ファーストセットを取りきる。この優勢を維持したいところだったが、次のセットも接戦になり、タイブレークにもつれ込む。集中力を発揮したい場面であったが、自身のミスも重なり、勝負は振り出しに。そして、ここでの失速がファイナルにも影響してしまう。終盤、巻き返しを見せるプレーも見せたが、長時間に及ぶ熱戦を白星で飾ることはできなかった。高村の隣のコートでは千頭昇平(スポ3=愛知・誉)と福田真大(慶大)の対戦が行われた。力強いショットを軸に多彩な攻撃が決まり、ストレート勝ちを収めた。千頭は続く4回戦でも髙村を破った亜大の高見澤をストレートで下し、準々決勝進出を決めた。

(記事 小原央、写真 森迫雄介)

★エース清水がベスト8に進出!田中優は死闘の末ルーキー白石を下す(慶大日吉テニスコートほか)


4時間にも及ぶ死闘の末、白石を下した田中

  男子シングルス3回戦では田中優とルーキー・白石の同校対決が実現。ハードヒッターの田中優とテクニックで相手を翻弄(ほんろう)する白石の対戦は両者譲らぬ一進一退の様相を呈した。ファーストセットは互いにサービスゲームをキープして迎えたタイブレークを白石が取り切り、先制に成功。続くセカンドセットは田中優が6−1で奪い返しゲームを振り出しに戻した。勝負のファイナルセットも互いにワンブレークを取り合い、再びタイブレークまでもつれたが、「僕の方がギアを上げられた」と田中優が7−1でタイブレークを制し、4時間にも及んだ先輩、後輩対決は先輩の田中優に軍配が上がった。勢いに乗った田中優は続く4回戦を6−2、6−0のストレートで勝利し、ベスト8進出を決めている。3回戦で強敵の合戸廉太郎(明大)と対戦した木元風哉(社3=埼玉・早大本庄)は持ち前のサーブやストロークで試合を優位に運びストレート勝ち。しかし続く4回戦では優勝候補の今村昌倫(慶大)に対し主導権を握れず敗退となった。
 関東学生新進選手権準決勝以来の顔合わせとなった佐藤祥次(スポ4=大分舞鶴)と藤井颯大(スポ3=京都・同志社国際)の早大対決は6−3、6−2のストレートで藤井颯に軍配が上がった。2回戦で小林雅哉(スポ4=千葉・東京学館浦安)をフルセットの末に下していた古賀大貴(スポ4=大分舞鶴)はタイブレークにもつれたファーストセットとファイナルセットをいずれももぎ取り成耀韓(慶大)との3回戦を突破。しかし、藤井颯はストレートで川橋勇太(筑波大)に、古賀はフルセットで田中瑛士(明大)に敗れ、ともにベスト16で敗退となった。


3回戦で接戦を制したルーキーの吉岡

 村橋舞(立大)と対戦したルーキーの吉岡希紗(スポ1=三重・四日市商)はファーストセットを2−6で落としたものの、セカンドセット以降は自身が持ち味とする力強いストロークを軸に粘りを見せる。ファイナルセットは第1ゲームにブレークを許す劣勢となったが、第7ゲームにブレークを奪うと、マッチポイントで迎えたリターンゲームもブレークに成功し、3回戦を突破した。しかし、続く4回戦では「パワーで負けてしまっていて、自分が得意とするストロークでも打ち負けてしまっていたので、完敗でした」と強敵の佐藤(慶大)にストレート負け。それでもルーキーながら全日本学生選手権(インカレ)本戦出場を決めた。3回戦に臨んだ松本妃那(スポ2=福岡・柳川)はファーストセットを6−2として迎えたセカンドセットではサービスゲームで苦戦し主導権を握れず、このセットを4−6で献上する。それでもファイナルセットでは「先に自分から攻めるようにした。大事なところでポイントを奪うことができた」と6−0で完勝した。しかし、4回戦では日暮春香(駒大)に対しファーストセットを0−6で落とすと、セカンドセットでも自身のミスが影響し4−6で奪われ、ストレートでの敗戦となった。倉橋愛(立大)と対戦した森川菜花(社4=山口・野田学園)はファーストサーブが安定せず、タイブレークとなったファーストセット、ファイナルセットをともに落とし、悔しい3回戦敗退となった。
 清水と安藤優希(スポ1=東京・目黒日大)の同士討ちとなった3回戦は両者が得意とする激しいストローク戦が繰り広げられたが、清水がファーストセット、セカンドセットともにワンブレークアップでストレート勝ちを収め、エースの貫禄を見せつけた。清水は続く4回戦でもストレートでベスト8進出を決めた。

(記事、写真 林大貴)



結果

男子シングルス
▽3回戦
◯古賀大貴 [7-6(5)、3-6、7-6(6)] 成耀韓(慶大)
◯藤井颯大 [6-3、6-2] ●佐藤祥次
◯木元風哉 [6-4、6-2] 合戸廉太郎(明大)
◯田中優之介 [6(5)-7、6-1、7-6(1)] ●白石光
◯千頭昇平 [6-2、6-3] 福田真大(慶大)
●髙村佑樹 [6-3,6(4)-7,4-6] 高見澤岳飛(亜大)


▽4回戦
◯田中優之介 [6-2、6-0] 加藤彰馬(亜大)
●木元風哉 [6-0、5-7] 今村昌倫(慶大)
◯千頭昇平 [6-4、6-1] 高見澤岳飛(亜大)
●古賀大貴 [6-4、1-6、5-7] 田中瑛士(明大)
●藤井颯大 [1-6、3-6] 川橋勇太(筑波大)

女子シングルス
▽3回戦
◯松本妃那 [6-2、4-6、6-0] 谷井涼香(駒大)
◯清水映里 [6-2、6-3] ●安藤優希
◯吉岡希紗 [2-6、6-3、7-5] 村橋舞(立大)
●森川菜花 [6(8)-7、6-0、6(5)-7] 倉島愛(立大)
◯押川千夏 [6-1、6-4] 板垣恵美里(慶大)
●下地奈緒 [1-6、2-6] 竹本琴乃(明大)
◯倉持美穂 [6-0、6-2] ●田中李佳


▽4回戦
◯清水映里 [6-2、6-3] 千村もも花(筑波大)
●倉持美穂 [3-6、6(5)-7] 平田歩(慶大)
●押川千夏 [2-6、2-6] 竹本琴乃(明大)
●吉岡希紗 [0-6、2-6] 佐藤南帆(慶大)
●松本妃那 [6-2、4-6、6-0] 日暮春香(駒大)

コメント

田中優之介(スポ3=埼玉・秀明英光)

――白石選手との3回戦を振り返っていかがですか

とてもタフな試合でした。

――勝因としては何が上げられますか

やっぱり相手より頑張りました(笑)!勝因はファイナルのタイブレークで僕の方がギアを上げられたことだと思います。

――対戦前は苦手なタイプだとおっしゃっていましたが、実際に戦って見ていかがでしたか

得意か不得意かでいうとやっぱり不得意だったと思います。こんなにコートに入れてくるのかと。僕が前に出たらパスを抜いてきたり、素晴らしいショットばかりでした。

――セカンドセットは6−1で取りました

僕も疲れていたんですけど、向こうも疲れていたので、そこを突いて先行できました。

――4回戦は完勝でしたが、振り返っていかがですか

4時間も試合をした後だったんですけど、相手の方が疲れている感じがして、いけるぞと思いながら頑張りました(笑)。

――積極的に前に出るプレーが目立ちましたが、意識していたことはありますか

打ち過ぎないっていうことを意識しました。相手がスライスを打ってきた時といったチャンスに前に出るということを徹底できました。

――きょうの勝利でシングルスベスト8となりました

まだベスト8なので。優勝しか見ていないので(笑)、まだまだこれからです。

――今後の戦いに向けて一言お願いします

単複で優勝します!

松本妃那(スポ2=福岡・柳川)

――3回戦はフルセットの末に勝利しました

大事なところでポイントを決めきれたのが勝てた要因です。セカンドセットでもうちょっと楽に勝てたのに相手にいいプレーをさせてしまった部分もあったんですけど、最後まで集中できたゲームだったと思います。

――ファイナルセットは6−0でしたが、何か変えた部分はありましたか

セカンドセットは相手にずっと主導権を握られていたので、ファイナルは先に全部自分から攻めるようにしたことです。

――ファーストセット、セカンドセットはサービスキープに苦労していた印象を受けました

身長も低いのでサーブのスピードも遅いので、もう少し試合の組み立てをうまくしていかないと厳しいかなと思います。昔からサーブがあまりよくない分リターンで攻めていくしかないと思っているので、リターンは意識して攻めるようにしています。

――4回戦はストレート負けとなりましたが、敗因としては何が上げられますか

ファーストセットは本当に相手の選手が良かったです。セカンドセットも攻めている時の自分のミスが目立ったのが勝てなかった原因なのかなと思います。

――今大会の結果についてどう捉えていますか

去年手術して、インカレ予選も出られなかったので、本戦も決められて自分の中では良かったんですけど、もっと高いレベルで勝てるように頑張りたいです。

白石光(スポ1=千葉・秀明八千代)

――田中優選手との試合を振り返っていかがですか

ハードヒッターなので対策は練ってきました。かわすだけではだめだと思ってボレーも交えながら、サーブにも集中して。後半は疲れて入らなくなってしまったんですけど(笑)。僕なりには良かったと思います。少し前に望月さん(勇希、中大)にもファイナルで負けてしまったんですけど、それに似た感じがあって、自分のワンランク上の相手にも互角に戦えるということがわかったので。ただそこに勝てるようにするためのものを今後見つけていかないといけないと思います。攻めと守りが中途半端になってしまった部分があったので、そこで攻め切るか守り切るかの選択をしっかりしていければいいかたちができると思います。

――トップ層の選手に勝つために必要なものは具体的には何か挙げられますか

精神論を言ってしまうときりがないと思うので。気持ちで負けないと言っても重要な場面になれば絶対にポイントを取りたいと思いますし(笑)。自分が一番自信があるのがドロップだったりボレーなので、最後は自分が得意なプレーに頼ってもいいんじゃないかなと思います。自分がしたいプレーをして負けてもそこまで落ち込まないと思うので、そこを今後は磨いていきたいですね。

――今大会のシングルスでの結果は率直にどう受け止めていますか

優勝を狙ってはいたので悔しい気持ちはありますけど、とりあえず(インカレの)本戦が決まったので悪くはなかったと思います。3回戦で優之介さんと当たって、やりたい相手だったので対戦できたことは良かったんですけど、運がなかったかなとも思います。

吉岡希紗(スポ1=三重・四日市商)

――3回戦はフルセットにもつれる接戦となりましたが、勝ち切れた要因というのは

チャレンジャーという立場で臨んだんですけど、勝ちたいという気持ちが強くて攻めるテニスができなくて。自分は攻めるしかないので最後引かずに打っていけたのが勝てた要因かなと思います。

――4回戦は0−6、2−6のストレート負けとなりましたが、慶大の佐藤選手に及ばなかった部分というのは

全てにおいてなんですけど、特にパワーで負けてしまっていて、自分が得意とするストロークでも打ち負けてしまっていたので、完敗でした。

――シングルスはきょうで敗退となりましたが、結果についてはどう感じていますか

自分の中ではインカレをメインに持ってきているので、最低限が本戦出場なので、満足はしていないですけど、本戦に出場できたのでとりあえずは良かったかなと思います。春関ではどれくらいできるのかっていうのを確かめたかったんですけど、4回戦でボロボロに負けたので、もっと頑張らないとなと思います。