1次リーグも終盤に差し掛かった第6節、上位リーグ進出に向けて負けられない試合が続く早大は関東学生春季リーグ(春季リーグ)未勝利の国士舘大と対戦。前半は課題のオフェンスミスからの失点が多く一進一退の展開が続くが、後半は見事に修正。サイドを中心に攻撃を構築し得点を量産する。途中、エースの吉田瑞萌(スポ3=東京・佼成学園女)が負傷するアクシデントもあったがチーム全員の力で乗り切り勝利。見事、連勝を飾った。

絶対に負けられない早大だったが、チャレンジャー精神を持って戦う国士舘大相手に劣勢を強いられ立ち上がりは思うように試合を進められない「立ち上がりのオフェンスミスからの逆速攻という課題が出てしまった」(杉山瑞樹主将、社4=神奈川・横浜創英)という言葉にもある通り、この日も課題を修正できずに逆速攻から相手に得点を許してしまうが、その中でも粘り強く戦い相手に流れを渡さない。僅差ながらなかなか追いつけないもどかしい展開が続いたが、紅林詩乃(スポ2=東京・佼成学園女)が相手のパスをカットし速攻からゴールを奪うと流れは一気に早稲田に傾く。吉田のゴールで同点に追いつくと阿部美幸(スポ2=東京・佼成学園女)が連続得点を決め逆転に成功する。早大の4連続得点に国士舘大ベンチはたまらずタイムアウト。早稲田の勢いを感じられるシーンであった。その後、国士舘大に流れを奪われかけるも杉山主将が3得点でチームの攻撃をけん引。1点リードで前半を折り返した。


攻守でチームをけん引した杉山主将

後半も流れをつかんだのは早大だった。衣川紗菜(スポ2=愛知・旭丘)が見事な反転からポストシュートを決めると、直後に紅林も反転からポストシュートを決める。その流れに答えるように、この日初出場を果たした江連織圭(スポ1=千葉・昭和学院)が相手の7メートルスローを決めさせず、チームを盛り立てる。その後、チームの核である吉田の負傷、退場による数的不利など相手に流れが傾くかと思われた。しかし、衣川直、杉山主将の両サイドが躍動。試合後、「いつも両サイドが外していてチームにあまり貢献できなかった」(衣川直緒、社3=愛知・星城)という言葉もあったが、、春季リーグでなかなか得点を奪えていなかった両サイドはこの日は得点を量産。二人合わせて11得点の活躍を見せた。 終盤、数的不利の場面でマンマークを突かれて攻めあぐねるシーンなどもあったが、最後まで流れは渡さず。終了間際に衣川直が速攻からゴールを奪い勝負あり。後半は一度も同点に追いつかれることなく勝利を手にした。


シュートを放つ衣川直

前節に続き、上位リーグ進出に向けて勝たなくてはならなかった早大はこの日も見事勝利。ついに、次戦の日体大戦に勝てば上位リーグ進出というところまできた。吉田の負傷の具合が気になるところではあるが、この日は杉山主将、が6得点、吉田、衣川直、紅林が5得点、阿部が4得点、衣川紗が1得点と、様々な形から得点を奪えるようになってきた。あす、日体大を下して上位リーグ進出をつかみ取りたい。

(記事 稲葉侑也、写真 小松純也)

関東学生秋季リーグ
早大2612-11
14-10
21国士舘大
GK 大沢アビ直美(スポ4=東京・佼成学園女)
LW 杉山瑞樹(社4=神奈川・横浜創英)
LB 吉田瑞萌(スポ3=東京・佼成学園女)
PV 紅林詩乃(スポ2=東京・佼成学園女)
CB 岡崎麗(教3=埼玉・浦和実)
RB 阿部美幸(スポ2=東京・佼成学園女)
RW 衣川直緒(社3=愛知・星城)
コメント

杉山瑞樹(社4=神奈川・横浜創英)

――勝利の感想をお願いします

まずは勝ててよかったなと思います。相手が0勝の段階で自分たちは2勝しているということで相手がチャレンジャーでくるのは分かっていたので、自分たちもそれに負けずチャレンジャーとして臨もうと思っていて、それで勝てたのでよかったかなと思います。

――前半、一進一退の展開になってしまいましたがいかがでしたか

結局いつも反省点として出るのが、立ち上がりのオフェンスミスからの逆速攻での失点で、それがまた課題として出てしまったかなという感じです。

――後半、点差を広げることができた要因はなんでしたか

ディフェンスを最初は相手のサイドに打たせるということでやっていたんですけど、なかなかそれがはまらなくて、アウト打たせにするのと、ミドルはシャットで合わせたことによってディフェンスが機能し始めて、速攻まで繋げられたのがよかったかなと思います。

――途中、吉田選手の負傷などもありましたが

もちろん負傷でいなくなったのは大きかったんですけど、そこで崩れてしまったら自分たちの全員の力で、というチームスタイルができてないということになってしまうので、それを全員で補おうと思っていました。

きょうのご自身の出来はいかがでしたか

もともときょうはサイドシュートが多くなるというのはわかっていたので、強気で飛び込もうというのは決めていて、強気でプレーできてよかったです。

――次戦勝利すれば上位リーグ進出だと思います。次戦への意気込みをお願いします

春に上位リーグにいけるのは私が1年生の時以来なので、チャンスがある限り、勝利を掴みにいきたいと思います!

衣川直緒(社3=愛知・星城)

――お疲れ様でした。きょうの勝利への率直な感想をお願いします

きょうは相手が1勝もしてなくて、こちらは2勝はしているけど絶対に勝ちたい相手だったので、勝てて良かったです。

――試合展開は振り返っていかがでしょうか

きょうも出だしが悪くてペースを上げられなかったのが課題ですが、相手に連取されて流れを持っていかれることはなく踏ん張って自分たちのペースに持っていけたので良かったかなと思います。

――ご自身で決めにいくシーンも多かったと思います

リーグが始まってからずっとけがをしていて。試合に出るのも久々であまり投げられていなかった部分もあったので、自分がシュートを外してしまうことがリーグの前半はありました。チームにすごく申し訳ないなと思っていたので、きょうはしっかり決めようという気持ちでいきました。

――オフェンスで少しミスが目立ったように思います

オフェンスのパスミスなどはずっと課題で。相手のカットにかかって逆速攻にもっていかれるなど、負けるときはそういう流れでやられているので、もっと修正していかなければと思います。

――きょうは全体的にもサイドシュートが多かったですが、国士舘大相手に対策はありましたか

結構国士舘大のディフェンスが最初から中に寄っていました。45からパスすればサイドが飛び込めるので、飛び込んでいこうと最初から話していました。いつも両サイドが外していて、チームにあまり貢献できていなかったので、きょうの試合は良かったかなと思います。

――最後にあすの日体大戦へ向けて意気込みをお願いします

あした勝てば、春は結構久しぶりに上位リーグへいけるので、けがとかいろいろあると思いますが、みんなで穴を埋めて勝ちに