TEAM
慶 大10
東 大
(慶)○髙橋佑、津留﨑、石井―郡司
◇(二塁打)嶋田、正木 ◇(三塁打)中村 ◇(本塁打)福井1号2ラン(8回)

 試合序盤から雷音が響いたこの日の神宮球場。東京六大学春季リーグ戦(春季リーグ戦)制覇を目指す上で、東大は難なくスイープをしたい相手だ。しかし試合は、初回に東大4番・岡俊希(3年)に3ラン本塁打を打たれ先制される予想外の展開に。しかし徐々に本来の力を発揮して逆転を果たすと、悪天候による試合中断を挟み、最終的には10―4で下した。

 先発・髙橋佑樹(4年)は昨秋の東大1回戦と同様、岡に先制の本塁打を浴びた。また先週の法大1、3回戦に続き先制を許したが、その後は5回まで走者を一人しか許さない投球を披露した。打線は1、2回と相手先発の四死球から好機をつくるが、決定打を生み出せない。初めて得点を挙げたのは3回。まず四球で出塁した渡部遼人(2年)が二盗を決めると、続く3番・中村健人(4年)の左前適時打で本塁に生還。さらに四死球で1死満塁とすると、小原和樹(4年)の中前適時打と瀬戸西純(3年)の右犠飛で同点に追い付いた。4回は無得点に終わったが、5回に2死満塁から1番・柳町達副将(4年)が中前2点適時打を放って勝ち越しに成功。徐々に本領を発揮し始めた。この回の慶大の攻撃が終わったタイミングで、天候が更に悪化し試合は一時中断された。


勝ち越し打を放った柳町。この日もマルチ安打し、リーグ戦通算100安打まで残り3とした

 再開後も、慶大ペースで試合は展開していく。5回には髙橋佑が三者連続空振り三振を奪う圧巻の投球を見せる。さらに6回から登板した津留﨑大成(4年)も、最速150キロの直球とコーナーにしっかりと制球される変化球のコンビネーションにより、2回を投げて4奪三振を奪う。津留﨑の気迫の投球でさらに流れを引き寄せると、打線も6回に4番・郡司裕也主将(4年)の中前適時打などで着実に加点していく。さらに8回には、代打・福井章吾(2年)が初球を一閃。右翼スタンドへと吸い込まれた2ラン本塁打は、勝利を確実なものとした。


福井にうれしいリーグ戦初本塁打が飛び出した

 今季3カード連続で1回戦を勝ち取った慶大。昨春から数えると、これで10カード連続で1回戦を勝利で飾っていることになる。同一カード2勝すれば勝ち点が獲得できるリーグ戦において、初戦の重要性は誰もが知っている。次の2回戦も勝利して、優勝に向け着実に前進したい。投手陣は今季初登板となった津留﨑が素晴らしい投球を見せ、野手陣も代打で出場した福井が勝負を決める本塁打を放つなど、選手層の厚さは健在。しかし唯一課題を挙げるとすれば、相手を追い掛ける展開が続いていることだ。髙橋佑は3試合連続で先制を許している。次カードで対戦する明大には、プロ注目右腕・森下暢仁主将(4年)がいる。1回戦で投げ合うことが濃厚なだけに、立ち上がりには注意していきたいところだ。

(記事 大島悠希、写真 瀧上恵利、池田有輝)