ベスト8を懸けて行われた大会4日目。強い日差しと急な天候変化に見舞われながらも、強豪相手に白熱した試合を展開した。シングルスでは男女合わせて3人がベスト8を決めた。

◆4・30〜5・6 関東学生トーナメント(青学大緑ヶ丘コート他)

▼5・4

[男子シングルス3回戦]

○田中 2{6―4、6―1}0 伊藤(日体大)

蓮見 1{2―6、6―4、3―6}2 中川(法大)○

市川 0{3―6、2―6}2 加藤(亜大)○

合戸 0{4―6、2―6}2 木元(早大)○

[男子シングルス4回戦]

○田中 2{4―6、6―1、7―5}1 古賀(早大)

[女子シングルス3回戦]

○竹本琴 2{6―1、6―2}0 下地(早大)

○吉田明 2{6―1、6―1}0 西里(山梨学大)

宮田 0{1―6、3―6}2 平田(慶大)○

[女子シングルス4回戦]

○竹本琴 2{6―2、6―2}0 押川(早大)

○吉田明 2{7―6(8)、7―6(8)}0 岩井(筑波大)

【男子シングルス3回戦:田中瑛士(商2=東京学館新潟)VS伊藤隆(日体大)】

 努力と実力で勝利をもぎ取った。3回戦は2月の関東学生新進選手権(新進)で接戦を繰り広げた因縁の相手。序盤は両者ブレークの展開になるも「反対に動きやすくなった」(田中)。今大会に向け課題として取り組んできたパッシングショットで、サーブアンドボレーヤーである相手の持ち味を封じ込めることに成功。第1セット10ゲーム目、ここをブレークすればセットを先取する大事な場面をしっかり決め、一気に勢いをつける。「自分がやることだけに集中してやる」その言葉通り、落ち着いたプレーで一度も主導権を相手に渡すことなく、ストレートで勝利を収めた。

 

 勢いそのままに臨んだ4回戦。対戦相手の古賀太貴(早大)は3回戦の伊藤とは違い、後ろから攻撃を繰り出すファイタータイプ。天候のアクシデントもあり、ナイターのタフなゲームとなったものの必死に食らいつく。4―6、6―1、7―5で粘り勝ち、見事ベスト8を決めた。

 春関も終盤に差し掛かる。明大勢は、快勝を続ける竹本と2本のタイブレークを制した吉田明の女子シングルスを筆頭に勢いに乗っている。「王座に行けるように」(田中)今年度の躍進を占う今大会、チームのためにも健闘は欠かせない。ベスト8ベスト4そしてその先へ、さらなる活躍に期待がかかる。

[仁科せい]

関東学生トーナメント2019の写真をこちらに掲載しています‼️

試合後のコメント

田中

――試合を振り返っていかがですか。

 「2月の新進の1回戦で当たった相手だったのですが、その時はとても手こずって負ける寸前までいきました。その時に出た課題をこの大会に向けて練習してきたので、今日はいい感じに勝つことができました」

――具体的に課題とは何ですか。

 「大学生になって、高校の時と違って前に出てきてプレッシャーをかける選手が多くて、前に出てきたところをうまく抜いたりだとか、ボールを落として打つと前に詰められてしまい決められてしまうので。相手の動きをしっかり見て、そういうパッシング(ショット)とかの練習をしてきました」

――1セット目はお互いブレークからスタートでした。

 「相手がサーブアンドボレーヤーでサーブが結構できる選手だったのですが、反対にブレイクの試合から始まったのは動きやすくなったなと思います」

――1セット目と2セット目で何か意識は変えましたか。

 「ファーストセットがうまくいったので、反対に何も変えないでいったというか、何も余計なことをしないように、自分がやることだけに集中してやろうと思いました」