法政大学 2 - 3 立教大学
勝:田中誠 敗:鈴木
本塁打:法大・福田 2号(2回)、安本 4号(6回)

宮﨑仁(①大阪桐蔭)が貴重な勝ち越し打!投げては先発の田中誠(④大阪桐蔭)が序盤のリードを守りきり、立大が先勝

1回裏に立大が幸先よく先制に成功する。
先頭バッターの宮﨑仁が出塁、3番柴田(①札幌一)が繋ぐと、2死1塁3塁から立大・5番三井(③大阪桐蔭)がライトフェンス直撃のタイムリー2ベースを放ち、立大が先制に成功する。

法大も即座に反撃。
2回表、先頭の法大・5番福田(④大阪桐蔭)がライトスタンドへの豪快な一発で法大がすぐに試合を振り出しに戻す。

しかし続く2回裏、立大のルーキーが勝負強さを見せる。
1死2塁3塁から立大・1番宮﨑仁が三遊間を破るレフト前への2点タイムリーヒットを放ち、立大が勝ち越しに成功する。

序盤に得点を奪い合うもその後は法大は継投でしのぎ、立大は田中誠が得点を許さない。

そして6回表、6回表、法大・3番安本(④静岡)が左中間へのソロホームランで1点差に詰め寄る。
安本は4試合連続のホームランとなり、リーグ戦記録の5試合連続へ王手となる。

しかし法大はその後はランナーを出すもあと一本が出ず、立大は田中誠が要所で踏ん張り立大が先勝。