法大インタビュー第1回を飾るのは福田主将。昨季のリーグ優勝を最前線で経験し、今年は主将としてラスト1年を駆け抜ける。そんな彼に今季の展望を伺った。

―秋の優勝を通して何が残りましたか
やはり勝てて嬉しいという気持ちですね。今までずっと負け続けていた中での優勝で。パレードなど周りから良くしてもらって、良いものを自分の目で見ることができました。自分たちの代で途切らせないように続いていきたい気持ちはありますね。

―主将として描くチーム像について教えてください
自分がガンガンいって引っ張って、どんな場面でもガンガンいくチームです。もしリーグ戦で自分が活躍してチームを引っ張って、誰にも止められないってくらい活躍したらもちろん優勝はできると思います。だけど、もしそうならないことも十分にあり得る。そのようなときも気持ちの波を作らない、確固たる存在でありたいです。やはり自分が落ちてしまうとプレー以外の気持ちの面でもチームの士気が下がると思います。自分がいいときはそのままいけばいいと思うのですが、悪くなった時にも主将である自分を意識してやっていきたいです。

―主将から見て、この春面白そうな選手どなたですか
自分は本当に「自分」に1番期待しています、色んな意味で。このチーム内で1番最初にリーグ戦に出場するなど様々なことを経験してきました。自分に期待して、今は練習を頑張っています。

―この冬はどのように練習しましたか
チームとして連覇、日本一を目標にしています。そんなに甘くはないので、あえて「優勝」の言葉を出してチームを盛り上げていっています。個人としてはどこかを重点的に鍛えるというよりは、今できることをやっています。ラストシーズンなので最後に終わった時に悔いがなかったって思えるように、今しっかり練習に励んでいます。

―福田選手のアピールポイントは「気持ちの強さ」だと思います。試合に生きたことはありますか
基本的に開幕戦は緊張する印象があると思います。でも自分の場合はノックが終わってしまえば緊張は終わっています。あまり試合の1打席目とかに「これめっちゃ緊張するわ!」って自分で驚くとかはないですね。(気持ちが強いから)そう思いたいですね。緊張はだれでもする。悪いこととは思わないのですが、世の中には極度に緊張する人もいますよね。自分はちょっと動作してしまえばある程度大丈夫になるタイプなんです。

―最後に春リーグに向けて、チームとしての意気込みと個人的な意気込みをお願いします
チームとしては粘り強いチームにしていきたいです。相手が5校もいますが他のチームに「法政粘り強いな、なかなか勝たせてくれない」っていうイメージをつけられたらと。それだけでだいぶ違うと思うんです。イメージがつけられたら、本番の試合でも粘り強く戦っていきたいです。個人としては自分が活躍して、ガンガンいきたいです。打つ・守る・走る。1試合で全部貢献するのは難しいと思うので、1試合ずつ。どこかで貢献できるように、今は考えながらやっています。

―ありがとうございました!

◆福田 光輝(ふくだ・こうき)
1997年11月16日生まれ。大阪府出身。法大人間環境学部4年。右投左打/遊撃手/大阪桐蔭/176㌢80キロ。高校時代も主将を務め上げ、全国4強に導く。鉄壁の守備に定評。好きな食べ物はいちご大福、嫌いな食べ物はなすび。