法大インタビュー第2回を飾るのは平元選手。2017年夏の甲子園準優勝を経験し、そのうちの2回戦では立大の川端(コ2=秀岳館)と対戦。立大にゆかりのあるネクストブレーク候補に話しを伺った。

―昨シーズン振り返っていかがですか
自分はリーグ戦には出場できなかったのですが、良くも悪くもチームの優勝がとても大きかったです。先輩たちへの尊敬の気持ちが大きくなったり、素直に優勝がうれしかったり。悔しい気持ちとうれしい気持ちがどちらもありました。(1年生にはいい刺激に)やはり先輩たちは攻守ともにすごい人たちばかりなので。勉強にもなりますし、1年陣も負けてられないなという気持ちがありますね。

―平元選手から見る現在のチームの雰囲気はいかがですか
去年は4年生全員がチームを引っ張っていくやり方だったのですが、今年は主将の福田さんが先頭に立ってガッと引っ張っていってくれています。高校でも優勝を多くされている方なので、勝つチームを知っているのだと思います。福田さんのおかげで、全員が一致団結しています。

―技術面で鍛えているところはどこですか
主に体幹です。投手なので、体幹を鍛えて投球の安定を目標に取り組んでいます。

―春リーグのご自身の目標
なんといってもリーグ戦で投げて、勝利に貢献したい。その一心です。

―昨春のフレッシュリーグは神宮球場での先発を経験。入学からを振り返ってみていかがですか
成長したと思ったら全然甘かったり、詰めていくことができなかったり。そんな一年でした。調子が良い時もなんで良かったかっていうのは振り返ることができなくて。今日が良かったからもういいやみたいな、深く考えることがなかったです。気分でやっていましたかね、言い方悪いですが。本当に集中できてなかったと今振り返って思います。

―今年は精神面の強化が求められますね
そうですね。自分でもすでに力を入れています。もう今年に活躍できなかったら、野球人生終わり。それくらいに1日1日の練習を頑張っています。

―「法大野球部のココがすごい!」を教えてください
なんだろう。自分が入って1番にすごいなと思ったことは、一人一人のポテンシャルがかなり高いことですかね。投手だけでなく全員の球が速いとか。バッターだったらその飛距離がすごいんです。単純なことですが、そこが違うなと。

―高校時代は投手として甲子園準優勝を経験されていました
チームのおかげで勝てました。だから自分は、勝たせてもらったと思っています。そのような経験をさせてくれたチームに感謝してもしきれません。練習もとても厳しくて。ダッシュもタイムをきらなきゃ終わらないんです。倒れそうになっていました。

―ご自身の好きな言葉は「やるしかない」。そのような経験は大学でも生きていますか
逃げられない状況で逃げる勇気もないからやるしかなかったですね、本当に。大学に入ってもきついなと感じた時に、あの時よりはマシだと考えて頑張ることができます。

―最後になりますが春リーグの意気込みをお願いします
チームに貢献できればなと。いや、貢献したいです!

―こちらとしても注目させていただきます。ありがとうございました!

◆平元 銀次郎(ひらもと・ぎんじろう)
1999年9月30日生まれ。福岡県出身。法大経営学部2年。左投左打/投手/広陵/180㌢75キロ

2017年夏、広島のドラ1・中村奨成とバッテリーを組み甲子園準優勝を経験した実力派。法大入学後もフレッシュリーグやオープン戦で先発に起用され、これからの活躍に目が離せない。好きな食べ物はとんこつラーメン