関東学生トーナメントは大会3日目を迎え、この日は大会規定により順延となっていた前日の女子シングルス2回戦、雨天によりずれ込んだ男女ダブルスの試合が行われた。女子シングルスでは前日の試合を優位に進めていた下地奈緒(社3=沖縄尚学)がストレート勝ちで3回戦へ。ダブルスでは古賀大貴(スポ4=大分舞鶴)・安上昂志組(スポ4=福岡・柳川)、髙村佑樹主将(スポ4=千葉・東京学館浦安)・丹下将太(教1=東京・早実)組、学生王者の木元風哉(社3=埼玉・早大本庄)・田中優之介(スポ3=埼玉・秀明英光)組が2回戦を突破した。女子ダブルスは森川菜花(社4=山口・野田学園)・石川琴実(社1=東京・白鵬女子)組、下地奈緒・吉岡希紗(スポ1=三重・四日市商)が勝ち上がった一方で、この日で5組が姿を消した。

★ダブルスに試練…。4ペアが姿消す(慶大日吉コート)


大石主将(左)とルーキーの松田望組は2回戦で敗退となった

 女子シングルスでは、前日順延分の2試合が行われ、米原さくら(スポ3=埼玉・秀明英光)は法大の竹内あやかと、松田岬(スポ1=東京・淑徳)は明大の宮田みほと対戦した。米原は試合再開時点で既に3−6、3−5と窮地に陥っており、反撃の術なく敗戦。一方の松田は5−7、2−2からの再開となったが、再開後は終始相手に主導権を握られ、4ゲームを連取される。両者ともストレート負けを喫し、2回戦で姿を消した。
 男子ダブルス1回戦には白石光(スポ1=千葉・秀明八千代)・千頭昇平(スポ3=愛知・誉)のペアが登場。明大ペアを7−5、6−2で破り、シングルスとともに勝ち上がりを決めた。本多映好(社3=岩手)・樋口廣太郎(スポ3=福岡・柳川)組は青学ペアと対戦。第1セットを6−3で先取したが、第2セットはタイブレークの末落としてしまい、試合はスーパータイブレークまでもつれ込む。一時は9−7とされ、マッチポイントを3つ握られたが、驚異的な粘りを見せ追いつくと、その後は一進一退の攻防に。本多・樋口組にマッチポイントが訪れる場面もあったが、最終的に勝利の女神が微笑んだのは青学ペア。15−17で敗れ、2回戦進出とはならなかった。
 2回戦に登場したのは小林雅哉(スポ4=千葉・東京学館浦安)・藤井颯大(スポ3=京都・同志社国際)組。亜大の実力派ペアである加藤彰馬・吉田慎組と一戦を交えた。「自分たちのやれることがなくなってしまった」(小林)と、終始主導権を握られ続け、第1セットを4−6で先取される。第2セットは第1ゲームでブレークに成功したものの即座にブレークバックを許す。その後は1ゲームも奪うことかなわず、完敗を喫した。女子ダブルス2回戦に挑んだ大石真珠美(教4=東京・早実)・松田望愛(文構1=東京・早実)組と、米原・山田菜津子(文構3=石川・大聖寺)組はそれぞれストレート負けを喫し、大会を去ることとなった。

(記事、写真 森迫雄介)

★古賀・安上組がフルセットを制し3回戦へ!下地姉妹対決は妹の奈緒に軍配(青学大緑ヶ丘コート)


フルセットの激戦を制した古賀(右)・安上組

 女子ダブルス2回戦に臨んだ下地・吉岡組はファーストセットを6−1で先取すると、セカンドセットはリターンミスや相手のパッシングショットに苦しむ場面が見られたものの、3ブレークを奪いストレート勝ちを収めた。直後の3回戦で横山祥子と実姉の下地奈奈による法大ペアと対戦。ファーストセットは2ブレークアップの6−3で奪ったが、セカンドセットは第1ゲームから3ゲームを連取されるなど主導権を握られ、2−6で落とした。それでもスーパータイブレークではペースを渡さず、10−5で勝利。白熱の姉妹対決は妹の奈緒に軍配が上がった。「吉岡が後ろからストロークを打って、私が前で動き回るスタイルがはまっている。相性はいいと思います」と手応えを口にした下地。シングルスでもそれぞれ3回戦進出を決めた実力派ペアは今大会の台風の目となれるだろうか。2回戦で足立理帆(社1=埼玉・山村学園)・杉田栞(社2=埼玉・山村学園)組との同士討ちをストレートで下した大河真由(スポ4=千葉・秀明八千代)・倉持美穂(商3=東京・早実)組。しかし、強敵の竹本琴乃・吉田百花組(明大)との対戦となった3回戦では、ファーストセットをタイブレークの末に落とすと、その勢いのままセカンドセットを1−6で奪われ、悔しい2回戦敗退となった。
 ラストイヤーを迎える古賀・安上組は2回戦で小清水拓生・権田圭吾組(慶大) と対戦。「サービスゲームはキープできていたが、相手のサーブが良くて思うようにブレークできなかった」(安上)とセカンドセットは互いに全てのゲームをキープし迎えたタイブレークを7−3で落とし、勝負の命運はファイナルセットへもつれ込んだ。スーパータイブレーク制のファイナルセットでは「自分たちはタイブレークの勝率がいいので、やってやろうという気持ちで臨んだ」という安上の言葉の通り6−6から4連続ポイントを奪い、接戦となったこの試合を見事勝ち切った。「これからはもっとタフなゲームが続くと思いますが、ここまでタイトルを獲れていないので優勝したい」と意気込む古賀。熟練の4年生ペアは最終年での初タイトル獲得に燃えている。

(記事、写真 林大貴)


結果

女子シングルス
▽2回戦
●米原さくら [3-6、3-6] 竹内あやか(法大)
●松田岬 [5-7、2-6] 宮田みほ(明大)
◯下地奈緒 [6-4、6-3] 稲葉あす果(明大)

男子ダブルス
▽1回戦
◯髙村佑樹・丹下将太 [3-6、6-2、10-6] 村田龍紀・本村豪基(日大)
●樋口廣太郎・本多映好 [6-3、6(3)-7、15-17] 浪瀬聡太・萩野颯太(青学大)
●畠山尚・増田健吾 [6-7(4)、6-2、11-13] 大野文也・中川瞬祐(法大)

▽2回戦
●小林雅哉・藤井颯大 [4-6、1-6] 加藤彰馬・吉田慎(亜大)
◯古賀大貴・安上昂志 [7-5、6(3)-7、10-6] 小清水拓生・権田圭吾(慶大)
◯木元風哉・田中優之介 [3-6、3-6] 小坂竜大・北岡志之(明大)
◯髙村佑樹・丹下将太 [6-4、6-4] 合戸廉太郎・安増篤志(明大)

女子ダブルス
▽1回戦
◯大河真由・倉持美穂 [6-1、6-3] ●足立理帆・杉田栞
●田中李佳・押川千夏 [2-6、7-6(5)、8-10] 大村千乃・望月菜々子(慶大)
◯下地奈緒・吉岡希紗 [6-1、6-4] 中川綺乃・小泉茜(駒大)

▽2回戦
◯森川菜花・石川琴実 [6-0、7-5] 吉田穂花・野口綾那(青学大)
●大石真珠美・松田望愛 [4-6、1-6] 宮田みほ・金山春菜(明大)
●大河真由・倉持美穂 [6(6)-7、1-6] 竹本琴乃・吉田百花(明大)
◯下地奈緒・吉岡希紗 [6-1、6-4] 下地奈奈・横山祥子(法大)
●山田菜津子・米原さくら [0-6、4-6] 黒須万里奈・今田穂(慶大)
●松本妃那・渡邉早和子 [6-7(1)、1-6] 末野聡子・平田歩(慶大)


コメント

小林雅哉(スポ4=千葉・東京学館浦安)・藤井颯太(スポ3=京都・同志社国際)

――今大会は、ダブルスに対してどのような意気込みで臨まれましたか

小林 俺が言えばいい(笑)?僕らが組むのは急遽決まった感じでした。正直自分たちはダブルスプレーヤーというわけではないからやれることが限られているので、そういったところを試合でうまくできればいいなと思って試合していたんですけど、きょうは正直あまりそういったことをうまくできなかったですね。

藤井 ダブルスで春関本戦に出られるのは結構久しぶりだったので、全力を出せればいいなと思っていました。

――きょうの対戦相手は力のあるペアでしたが、それぞれのセットを振り返って

小林 (相手が)どんなものかというのは第1セットの最初の4ゲームでわかったことにはわかったのですが、先にブレークされてしまって。僕たちがあっちのサービスゲームでデュースに持っていっても、しっかりファーストサーブを入れてから前に出てボレーを打って来ました。それに対して自分たちはうまくついていこうと思ったんですけど、随所で逃げてしまったところがありましたね。2−5から2ゲーム連取してイーブンまでには戻せましたが、やっぱりそういったところで自分たちの良さが出なかったこともあり、結局セットを落としてしまって。セカンドセットも1ゲーム目でブレークできましたが、そのまま試合を進められずに相手に押されて、自分たちのやれることがなくなってしまい、最終的にロブに逃げてしまった面がありました。相手が格上でも自分たちのやれることをしっかりできればよかったと試合後に思ったので、インカレは予選からになりますが、やれることをしっかりやれれば良いかなと思います。

――劣勢の展開を覆すためには何が必要だったのでしょうか

藤井 自分の理想を追い求めず、もっと泥臭くプレーすることが必要だったかなと思いましたね。ファーストセットはまだできていた部分はありましたが、セカンドセットでは無理をして(ポイントを)決めにいこうとしすぎてしまったことは後悔しています。

――今後に向けての意気込みをそれぞれお願いします

藤井 ダブルスでもシングルスのようにやりたいですね(笑)。

小林 なんだそれ(笑)。

藤井 僕たちはまだ伸び代があるペアなので。雅哉さんと組んでいるのでダブルス頑張ります!

小林 インカレは単複で予選なんですけど、あせらずに、あと最後ですし楽しんでやっていきたいです。