シュコダ・モータースポーツは、FIA公認を取得したばかりのアップデート版シュコダ・ファビアR5を、5月30日に開幕するWRCポルトガルでWRC2プロに参戦するヤン・コペッキーとカッレ・ロバンペラにそれぞれ投入する。コペッキーはそれに先駆けて、5月17−18日に開催されるチェコラリー選手権ラリーチェスキー・クルムロフで同マシンの実戦デビューを飾る。





現WRC2チャンピオンのコペッキーは、チェコ選手権第3戦でアップデート版ファビアR5デビュー戦のドライバーを務めることを心待ちにしている。
「今回も新型のファビアR5の初実戦でドライブできるチャンスを与えてもらい、本当にうれしい」と語るコペッキーは、現行型のデビュー戦となった2015年のラリー・スマワ・クラトイーでも勝利を収めている。

一方、シュコダ・モータースポーツでは実戦デビューに向けての作業と並行して、カスタマー向けの販売1号車を今シーズン後半に供給できるよう、全力で作業を続けているという。