<写真・ガッツポーズをする中村主将>

   5月3日、マリンテニスパーク北村にて2019年度関西学生ソフトテニス春季リーグ戦(1日目)が行われた。   

  初戦の関外大には中村主将(文4)がストレート勝ちを収めるなど、3勝0敗で圧勝。上々の滑り出しを見せた。しかし、2戦目の天理大に、初黒星を喫すると、3戦目の神蔭大にも古豪の実力を見せつけられ、敗北。関西制覇連覇へ厳しい1日目となった。

  次戦はあす、同会場にて同大会の2日目が行われる。

本日の試合結果

対関外大

小林(人3)・村井(文3)☆4-1

中村☆4-0

半田(法3)・山口(経4)☆4-1

対天理大

小林・村井☆4-1

中村★2-4

半田・山口★1-4

対神蔭大

小林・村井★0-4

福田(教2)☆4-3

半田・山口★3-4

試合後のコメント

中村仁菜主将「天理大と神蔭大戦で、自分を含めた4年生が勝ち切れなかったのが、敗因。下級生が頑張ってくれていたのに、本当に申し訳ない。昨秋、関西制覇をして、勝ち続けることの難しさを痛感している。あすはまだ優勝のチャンスも残されているので、全員で勝利をつかみ取りにいきたい」