<写真・第2ダブルスで勝利した水野・澤田ペア>

 5月3日、龍谷大学深草キャンパス体育館にて平成31年度関西学生バドミントン春季リーグ第3戦(対同大)が行われた。
第1シングルスの松岡(経2)が果敢に攻めるも、相手の巧みなプレーに翻弄され、敗北。第2シングルスの村田(経3)は圧倒的な強さを見せ、大差でストレート勝ちを収めた。続く第1ダブルスの佐々木(人4)・松久(人1)ペアは急造ペアにも関わらず、強気なプレーを見せたが、ミスが目立ち惜敗。続く第2ダブルスの水野(文3)・澤田(教3)ペアは強烈なスマッシュでストレート勝ちし、勝負は第3シングルス上田(文4)に託された。だが、第1セットを先取したものの、第2セットから本来の力を出し切れず。関学は2-3で同大に敗北し、今季初黒星となった。
 次戦はあす、龍谷大学深草キャンパス体育館にて同大会4日目(対立命大)が行われる。

本日の結果
S1松岡 ★0-2
S2村田 ☆2-0
D1佐々木・松久 ★1-2
D2水野・澤田 ☆2-0
S3上田 ★1-2

試合後のコメント
佐々木絢子女子リーダー「チームの雰囲気は良かったものの、一人一人が気持ちを切り替えることができなかったのが敗因。ただ、前戦からの課題であった気の緩みは感じなかったので、良かったと思う。次戦はあすのため、もう練習はできない。あとは自分たちがやってきたことを出し切って、相手に向かっていくのみ。きちんと気持ちを切り替えて、チャレンジ精神を大事にして試合に臨みたい」