27日と28日に早大所沢キャンパステニスコートにて、春季東京六大学リーグが行われた。一年生がチームに入り、初の団体戦であったが、初戦の明大戦での敗北以降は快勝し、準優勝となった。

 小雨が降り、コンディションは良くないなか、一日目は明大、立大、法大との対戦となった。初戦の明大戦で最初に登場したのは松井玲奈(社1=和歌山信愛)・高嶺彩羽(人3=沖縄・八重山)組。ルーキー松井にとって入学後初の公式団体戦であったが、堂々と落ち着いたプレーをみせ、強打も積極的に打っていったが、実力差をみせつけられゲームカウント5-1で初戦を落としてしまう。続く小山舞主将(スポ4=和歌山信愛)・川村真帆(スポ2=東京・文化学園大杉並)組もなかなかペースをつかめずに敗北。3戦全敗は避けたい早大の3番手は下江遥花(スポ2=和歌山信愛)・花園優帆(スポ4=東京・国本女)組。最後までもつれる展開となったが、ファイナルゲームを競り勝ち、全敗を避け、次の立大戦へ勢いをつけた。二戦目の立大戦はオーダーを変更し、初戦は松井・小山組が登場。「徐々に緊張が溶けていった」という松井は長いラリーが続くなかでも良いテンポで試合を展開し、強気に攻め、接戦をものにした。続く須田葵衣(社2=群馬・高崎商業)・渡邊有希乃(社3=愛媛・済美)組は、渡邊の攻撃的なプレーから次々と得点を重ねていき、ストレートで勝利し、立大戦では勝利を収めた。続く法大戦では、三本全てをゲームカウント5-0で相手を下し、二日目へと勢いをつけた。


一年生ながら活躍した松井

 二日目は慶大のみとの対戦となった。少し風が吹く中、この日一番で登場したのは小山・川村組。カットボールで相手を前に引き出し、相手の態勢を崩し、川村がコースにボレーを決め、得点を重ねていきゲームカウント5-1で快勝すると、続く松井・渡邊組も、終始試合の主導権を握り続けた。松井がコースに打ち分け、渡邊の積極的な攻撃で圧勝。慶大戦での勝利を決めた。最後は下江・花園組がしっかりと締め、早大は準優勝という結果を収めた。


全勝した下江・花園組

 初戦の明治戦こそ落としてしまったが、そこからは立て直し、準優勝の結果を上げた早大。試合後に「手応えも感じた」と大会を振り返ったが、「他大の力もついていることが分かった」とも言う小山主将のもと、春リーグにむけてしっかりと調整していく。

(記事 河合智史、 写真 山浦奈緒)

※掲載が遅くなり、申し訳ありません

結果

準優勝

▽第1戦
●早大 1-2 明大
●松井・小山組 1-5 原口・上田組
●小山・川村組 1-5 木瀬・笠井組
〇下江・花園組 5-4 宮下・鈴木組

▽第2戦
〇早大 3-0 立大
〇松井・小山組 5-4 前山・森本組
〇須田・渡邊組 5-0 寺戸・金組
〇下江・花園組 5-4 松永・土井組

▽第3戦
〇早大 3-0 法大
〇松井・渡邊組 5-0 工藤・永野組
〇小山・川村組 5-0 原・伯耆原組
〇下江・花園組 5-0 松村・深井組

▽第4戦
〇早大 3-0 慶大
〇小山・川村組 5-2 勝又・草野組
〇松井・渡邊組 5-0 秋本・花岡組
〇下江・花園組 5-1 遠藤・平本組

コメント

小山舞主将(スポ4=和歌山信愛)

――今大会を振り返って

チーム力が上がってきて、優勝を狙えるかなという感じで挑んだんですけど、他大も春シーズンに向けてチーム力が上がってきていて、勝ることが出来なくて、でもしっかりと手ごたえを感じることが出来たので、この敗因をしっかり春リーグにぶつけていきたいなと思います。

――1年生の印象は

松井は戦力になる一年生なので、向かっていくプレーがチームに勢いづいたなと感じました。

――春リーグに向けての意気込み

負ける相手でもないし、簡単に勝てる相手でもないと思うので、しっかり勝てるように厳しく練習していきたいと思います。

松井玲奈(社1=和歌山信愛)

――入学後初の団体戦でしたが

最初はとても緊張して、自分のプレーが思うようにいかなかったんですけど、試合を重ねてくにつれて、自分の気持ちを作ることもできて、一年生らしく元気よくプレーできたと思います。

――自分の得意なプレーや持ち味はありますか

身長が高いので、高い所かあら広い場所へと攻めることです。

――先輩と組むことに関しては

練習などで先輩と組んで、そこで慣れていたので、そこに対して緊張とかはなかったです。

――早稲田での目標は

今後は、一年生ではありますが、しっかりチームの目標に貢献できるように頑張っていきたいと思います。