専大にストレート勝利を収め、勢いに乗りたい早大はきょう、慶大と対戦した。高さのあるブロックや強烈なバックアタックに苦しみセットを落とすも、最後は勝負強さを見せた早大に軍配が上がった。セットカウント3-1(25-19、18-25、25-23、25-17)で勝利し、開幕2連勝という好スタートを切った。

 「クイックを多く使っていきたい」(中村駿介、スポ3=大阪・大塚)と意気込んで臨んだ今回の一戦。序盤から中村は積極的に武藤鉄也副将(スポ4=東京・東亜学園)、村山豪(スポ3=東京・駿台学園)にトスを上げていくも、慶大の高さのあるコミットブロックに阻まれ、なかなかコンビを合わせることができない。それでも今シーズンからジャンプサーブを習得している宮浦健人(スポ3=熊本・鎮西)を始めとしたジャンプサーブ陣がサービスエースでの得点を量産。その後も小刻みなブレークを重ね、早大が主導権を握る展開となった。セット終盤には重藤トビアス赳(スポ1=神奈川・荏田)がリリーフサーバーとして出場し、強烈なジャンプサーブを放って会場を沸かせた。そのまま逃げ切り、25-19で第1セットを先取した。しかし、第2セットは打って変わって慶大ペースに。18-20と2点差を追いかけていたが、最後は連続ブロックなどの5連続失点でセットを落とし、セットカウント1-1のタイに戻されてしまった。


スパイクを放つ武藤副将

 勝負の分かれ目となった第3セット。10点に到達するまでに3点のリードを保っていたが、中盤、慶大が早大のスパイクを次々と拾い切り返しの攻撃を仕掛け始める。手痛い5連続失点を喫し、15-16と一気にひっくり返されてしまった。ここから村山が連続でブロックを決めて再度逆転に成功し、23-19と王手まであと2点と迫る。だが、この『あと2点』が遠かった。慶大のサービスエースやバックアタックで一気に23-23と同点に追いつかれ、またもやピンチに。中村が落ち着いたトスで相手のブロックを散らし、ノーブロックの状態から村本涼平(法4=京都・洛南)がクロススパイクを決め24-23。ここでブレークしたい早大と、何としてでもジュースに持ち込みたい慶大の意地がぶつかり合ったが、最後は慶大のスパイクがネットにかかり25-23。間一髪で逃げ切り、第3セットを奪取した。第4セットは勢いを取り戻した早大が序盤から連続得点で慶大を突き放していく。第1、2セットでなかなか合わなかったセッターとセンターのコンビが徐々に合い始め、武藤副将、村山ともに鋭いスパイクを次々と慶大コートに突き刺し得点を重ねていく。昨日から抜群の活躍を見せている大塚達宣(スポ1=京都・洛南)がクロス方向を向きながらストレートコースを打ち抜く技ありスパイクで観客を魅了するなど、終始早大ペースで試合が進み、8点の差をつけて勝利を決めた。


チーム一丸となって喜ぶ選手たち

 春季リーグ戦で「レセプションアタックの精度の高さ」を大きな目標として掲げている早大。その目標を達成できているかどうかが色濃く出た試合となった。大差で落としてしまった第2セットはなかなかサイドアウトを切ることができず、慶大の切り返しに苦しんだ。1度サーブ権を握ってしまえば強烈なジャンプサーブや高さのあるブロックなどでブレークする確率がかなり高かっただけに、サイドアウトをしっかり切ることが今後の課題となりそうだ。次週は強豪・日体大を破った学芸大、明大を破った駒大との対戦を控える。安定したプレーで勝ち星を積んでいきたい。

(記事 松谷果林、写真 宅森咲子、萩原怜那)

セットカウント
早大25-19
18-25
25-23
25-17
慶大
スタメン
レフト 村本涼平(法4=京都・洛南)
レフト 大塚達宣(スポ1=京都・洛南)
センター 武藤鉄也(スポ4=東京・東亜学園)
センター 村山豪(スポ3=東京・駿台学園)
ライト 宮浦健人(スポ3=熊本・鎮西)
セッター 中村駿介(スポ3=大阪・大塚)
リベロ 堀江友裕(スポ4=和歌山・開智)
コメント

堀江友裕主将(スポ4=和歌山・開智)

――今の率直な気持ちを聞かせてください

勝てたのでよかったです(笑)

―レシーブポイントを決められていましたが、きょうのご自身のプレーを振り返ってもらえますか

レシーブポイントはたまたまだったんですけど、あの辺りのプレーは自分自身を乗せれていたかなと思います。全体を見たら反省点ばかりですが、あのようなプレーをしていけたらと思います。

――2セット目を取られてしまいましたが、慶大のどのようなところに苦戦しましたか

思ったより真ん中のクイックなどで攻められましたが、それでもスパイクミスであったり自分たちのミスで取られてしまったと思います。なので修正できる点はあると思います。

――一点を取るたびにチーム全体で喜ぶなどチームの雰囲気がとても良い印象を受けました。チームの雰囲気についてはどうですか

僕がキャプテンで、明るく喜ぶキャラなのでみんなが僕を真似してくれていると思います。なのでそれが今年のチームカラーになっていけたらと思います。騒ぎすぎるのもよくないですけど、僕の考えとしては誰でもできることだと思うので、今後も続けていきたいと思います。

――来週の学芸大戦にむけて強化したい点などあればお願いします。

抽象的なことですが、決めるところで決めるということです。具体的に言えばレセプションアタックを来週はしっかり安定させてできるように頑張りたいです。

武藤鉄也副将(スポ4=東京・東亜学園)

――慶大戦に向けて何か対策はされていましたか

去年の早慶定期戦で競った試合をした相手だったので、高さがある攻撃に負けないようにということを意識していました。

――実際の試合展開は振り返っていかがでしょうか

2セット目の時に、少し向こうのサーブだったりの攻撃におされた部分はあったんですけど、何だかんだ耐えられたので、そこは良かったと思います。

――今年からセッターが変わりましたが、プレー面で変化はありますか

去年は一個上の光輝さん(小林、平31スポ卒=現ジェイテクトSTINGS)がいて、3年間ずっと光輝さんのトスに合わせていたので、阿吽の呼吸というか、合わなくなってもすぐに修正できたんですけど、今年からセッターが変わって、まだマークが厳しい中で使えなかったり、合ってない部分はあります。でもこの3カ月間合わせてきてかなり良くはなってるので、リーグも長いですし、実戦の中で修正しつつ、精度を上げていきたいです。

――きょうのご自身のプレーは振り返っていかがですか

攻撃に関しては、マークが厳しくてトスもあまりこなかった部分があるので、これからという感じなんですけど、ブロックでは何本かブロックポイントも出たり、意図して動かしている部分もあるので、そういう部分ではちゃんと指示も出せて良かったのではないかなと思います。

――次戦に向けて一言お願いします

これまでの3カ月間は今週の2試合を目標に練習してきたんですけど、これからは1週間ずつ、いい意味で試合の課題を修正する時間があると思っています。来週に向けて悪かったところを修正して試合に臨んで、そこでまた新たな課題を見つけていきたいと思います。

村本涼平(法4=京都・洛南)

――きょうはブロックがとても機能しているように見えました

自分的にはいつもブロックが課題なんですよね。たまたま試合で良い形で出たところは良かったですが、まだまだかなと。ブロックは継続してもっと頑張っていきたいです。

――ブロックで意識したことはありますか

リベロの堀江(友裕主将、スポ4=和歌山・開智)がストレート(のスパイク)をしっかりレシーブしてくれるので、そこは空けるようにしました。あとは、中に来たボールを自分たちが抑えようという形でした。それが上手くいったセットは良かったと思います。

――ご自身のスパイクの調子は

スパイクは申し訳なかったです(笑)。自分がサーブレシーブで崩れて、そのあと決めないといけない時に全然決めきれなかったので。サーブレシーブがまだどうしても崩れてしまう部分があるので、まずはしっかり成功率を高めていきたいです。

――相手のサーブについては

フローターサーブよりも相手のジャンプサーブが良い状態で入ってきましたね。最低でもクイックを使えるBパスぐらいまでに持っていけたらという感じでしたが、あまりできなかったので1週間反省です。

――第2、第3セットと苦しんだのはやはりサイドアウトをなかなか切れなかったことが原因でしょうか

そうですね、サーブレシーブがずれると、スパイカーとセッターのタイミングが合わなくなってしまいました。トスが浮いているのに、スパイカーが早く入りすぎてしまって、いい状態で打てないとか。Bパスの時にうまくタイミングを合わせることをこの1週間で直したいです。

――第3セット、4連続失点で同点に追いつかれた時について教えていただけますか

とりあえず1本目のサーブレシーブを返そうっていう気持ちでした。堀江と一緒に、我慢しよう、ということで。ちょっと我慢できていなかったですね。もう少し早い段階で切れたら良かったですね。4連続の失点はだめですね。

――来週に向けて

レセプションアタック、ファーストブレーク50%以上が目標です。サイドアウトは切れていても、1回目の攻撃で切れている確率が低いので。もう1度チームで1本目からしっかり決められるようにしていきたいです。

中村駿介(スポ3=大阪・大塚)

――きょうの試合を振り返っていただけますか

真ん中(センター線)を使おうと考えてはいたのですが、相手がコミットブロックで圧力をかけてきました。自分の中でも弱気になってしまった部分があって、サイドメインの苦しい展開になってしまいました。そこがきょうはダメだったと思います。マークされて、トスが合わなくなった感じです。

――第2、第3セットはかなり厳しい時間が続いたと思いますがどのようなことを考えていましたか

春はこんなもんだと思いながら、これまで自分たちが合宿などでやってきたものを出そうという感じでした。とりあえず全力で頑張りました。

――ミスした選手にも連続でトスを上げる強気な一面も見られました

そうですね、(スパイクが)決まらなくて、次に違うスパイカーにトスを上げると、相手にも次に誰が攻撃するのかを読まれてしまうし、ミスした選手もどんどん(調子が)下がってしまうので。次に決めてくれたらミスと相まってプラマイゼロになるので、それを思って同じ人にトスを上げました。

――来週に向けて

まずはきょうコンビが合わなかったところをこの1週間で修正したいです。自分たちのバレーボールをできるようにしたいです。

大塚達宣(スポ1=京都・洛南)

――今の率直な気持ちをお願いします

リーグ2戦目ということで昨日よりは硬さはなかったです。チームの状態が悪い時も自分が決めてやるという気持ちでできたのでよかったと思います。高校生とは違って5セットマッチなので体力が持たず、また緊張からか疲労が溜まった2日間だったと思います。

―きょうは緊張はしましたか

自分は試合前はいつでも緊張するのですが昨日はその緊張が少し空回りしてしまいました。きょうは緊張がいい方向にいったかなと思います。

――プレー中もたくさん笑顔が見られました。ご自身でプレーする上で気にかけていることはありますか

一年生から思いっきりやれ、自分ができるプレーを精一杯やれと先生(松井泰二監督(平三人卒=千葉・八千代)からも言われていますし、自分が気にしていることは雰囲気づくりです。四年生は今年が最後なので春リーグ(春季関東大学リーグ戦)を勝たせないとという思いから表情が硬くなってしまうこともあると思うので、そこは自分が新入生としてカバーしなくてはと思います。

――最後に来週の学芸大戦への意気込みなどがあれば教えてください

自分からしたらどのチームとやるのも初めてなので自分は自分らしくいつも通りプレーして春リーグを一戦一戦大事にして全員で勝利できるように頑張ります

重藤トビアス赳(スポ1=神奈川・荏田)

――きょうの試合はどのような気持ちで挑まれましたか

慶大ということで、個人的に神奈川県で高校の時にも慶應義塾高と対戦していたので、絶対勝ちたいと思っていました。

――ご自身のプレーは振り返っていかがでしょうか

きのうはサーブでミスをしてしまったのですが、きょうは良いサーブが入りましたし、最後も一応スパイクが決まったので、良かったと思います。

――きのうから大学の公式戦を経験されていますが高校までの違いなど、何か感じられたことはありましたか

大学生は体が一回り大きくて、やはり高さもパワーも違うのですごいと思いました。

――次の試合に向けて一言お願いします

今までは春休みで学校に行ってなかったので試合に向けて良い調整ができていたんですけど、明日からは学校が始まるので、慣れない環境の中でもしっかり試合に向けて調整していきたいと思います。