<写真・勝利を決める白星を挙げた宮脇>

    4月30日、大阪府いきいきランド交野にて2019年度関西学生卓球春季リーグ戦4日目が行われた。男子は近大と、女子は同大と対戦した。

    男子は1番手の重村(経1)がストレート勝ちでチームに勢いをつけた。続く大西尚も3-1で勝利。3番手の楊(経2)は惜しくも敗北したが、ダブルスで高橋(商4)、廣田雅(経4)が勝利し、スコアを3-1とした。その後5番手の高橋、7番手の廣田も勝利。5-2で近大に勝利し、全勝優勝に大きく近づいた。

    一方、女子は1番手の小脇(社3)が敗北するも、続く光根(法2)が接戦を制し、1-1。試合を振り出しに戻した。ダブルスもフルセットの末勝利。6番手の宮脇(国4)が接戦をものにし、勝負を決めた。5-2で同大との全勝対決を制した。

  次戦は5月11日、近畿大学記念会館にて男子は京産大、女子は立命大と対戦する。

試合結果 

男子団体  対近大   ☆5-2

1重村☆3-0

2大西尚☆3-1

3楊★1-3

4高橋・廣田雅☆3-1

5高橋☆3-0

6卯木(法4)★1-3

7廣田雅☆3-1

女子団体 対同大    ☆5-2

1小脇★0-3

2光根☆3ー2

3村田(文1)☆3-0

4宮脇・小脇☆3ー2

5竹田(国2)★1-3

6宮脇☆3-2

7秋山(教2)☆3-1

試合後のコメント

卯木尚大男子部主将「重村と大西がいい流れをつくってくれて、エースの高橋も自分の仕事を果たしてくれた。女子とのアベック優勝を果たすために全員で頑張れている。これからも厳しい戦いが続くが、全員の力で全勝優勝したい。そして、女子とのアベック優勝ができればうれしい」

宮脇千波女子部主将「2-2になった試合で全部勝てたのが大きかった。圧倒的な力はないが、一人一人が責任感を持ってプレーしてくれている。男子が勝っているので、自分たちも負けたくないという気持ちが強い。ここで気を緩めず、アベック優勝できるように全員で必ず勝つ。絶対に優勝します」