早大はきょう東海大と対峙した。共にこれまでを全勝で迎えた両校。「一番の山場」(大塚)と早大の中で位置付けられ、激戦必至かに思われた一戦であった。しかしスタメン6人中4人がサービスエースを決まるなどサーブで東海大を苦しめた早大がセットカウント3-0(25-22、25-20、25-21)で完全勝利を飾った。

 平成最後の一戦は大塚達宣(スポ1=京都・洛南)のストレートのスパイクから始まった。その後も村本涼平(法4=京都・洛南)のブロックアウトを誘うスパイクなどが2連続で決まり8-4と序盤の主導権は早大にあった。しかし「全勝対決ということを意識してしまってみんな動きが堅かった」と中村駿介(スポ3=大阪・大塚)が振り返るように相手のスパイクに対応しきれず徐々に追い上げられていく早大。そしてついに19-19となってしまう。ここで松井泰二監督(平3人卒=千葉・八千代)はタイムアウトを要求。落ち着きを取り戻した早大は宮浦健人(スポ3=熊本・鎮西)の対角に鋭く刺さるスパイクでブレークに成功するとその後もサイドアウトを切りなんとか東海大の流れを振り払った。このままの流れで1セット目を獲得する。迎えた第2セット。このセットの立役者は村山豪(スポ3=東京・駿台学園)だ。序盤から相手のスキを突くフェイントを決めるなど頭脳派のプレーを見せると早大陣営は大盛り上がり。早大ペースのまま試合は運ばれ、セット終盤には2連続のサービスエースを含む4連続得点を村山が獲得する場面もあった。こうして順調にこのセットも連取する。


第2セットの立役者、村山