写真:水谷隼/提供:卓球レポート(バタフライ)

水谷隼(木下グループ)が5月3日、茨城県水戸市の市制施行130周年記念イベント「水谷隼選手と青少年育成卓球フェスティバル in 水戸」(於:アダストリア みとアリーナ(東町運動公園体育館))に出演する。また、茨城県出身の吉村真晴(名古屋ダイハツ)の参加も緊急決定した。吉村は28日までハンガリーで開催された世界卓球選手権で石川佳純との混合ダブルスで銀メダルを獲得したばかり。

さらにドイツのブンデスリーガ1部で活躍する及川瑞基(専修大学)と、今年の全日本ジュニア王者の出澤杏佳(大成女子高)もイベントを盛り上げる。

令和時代初のゴールデンウィークに「卓球が上手くなりたい」「トップ選手のプレーを生で見たい」という方はイベントに足を運んでみてはいかがだろうか。

「水谷隼選手と青少年育成卓球フェスティバル in 水戸」イベント概要




写真:水谷隼/提供:卓球レポート(バタフライ)

1.日時:令和元年5月3日(金・祝) 10:30-13:30
2.会場:アダストリア みとアリーナ(東町運動公園体育館)
3.主催:一般社団法人 水戸456会
4.後援:水戸市、水戸市教育委員会、(公財)水戸市スポーツ振興協会、有限会社サワラスポーツ、株式会社タマス(バタフライ)
5.入場料:全席無料
6.対象:卓球・スポーツを愛する皆さま
7.申込み・イベント詳細:https://mito465event.peatix.com/

文:ラリーズ編集部