写真:吉村真晴(右・名古屋ダイハツ)と石川佳純(全農)/撮影:田村翔(アフロスポーツ)

27日、吉村真晴が自身のインスタグラムとツイッターを更新。世界卓球選手権ブダペスト大会(世界卓球2019)の混合ダブルスを銀メダルで終えたことを報告するとともに、3大会連続決勝に進出できたことへの感想を語った。投稿には、石川佳純と笑顔で銀メダルを手にする写真や、表彰台に立つ写真が添えられている。

ファンからは、「銀メダルおめでとうございます」という祝福の声だけでなく、石川佳純の“純”と吉村真晴の“真”をとって「もっと純真ペアがこの先も見たいです」というコメントなど、この先も2人のペアで戦うことを熱望する声が多く寄せられている。

文:ラリーズ編集部