4月28日(日)、2019年FIA世界ラリー選手権(WRC)第5戦ラリーアルゼンチンの競技最終日となるデイ4がアルゼンチンのビージャ・カルロス・パスを中心に行われ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのクリス・ミーク/セブ・マーシャル組が総合4位で、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組が総合5位で、オィット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ組が総合8位でフィニッシュ。僅差で表彰台を逃したものの、ヤリスWRCは全車が完走した。

ラリーアルゼンチンのデイ4は、ビージャ・カルロス・パスの西南に広がるトラスラシエラ山脈で、3本計53.16kmのステージが行われた。SS16/18「コピナーエル・コンドル」、SS17「ミナ・クロベロージュリオ・チェザーレ」は、いずれもダイナミックな風景の中を走る、ラリーアルゼンチンの名物ステージだ。最終日は好天に恵まれ、路面は多くの部分がドライコンディションになり、美しい青空の下で最後の戦いが繰り広げられた。

デイ3で総合3位につけたミークと、トラブルでデイリタイアとなりながらも総合9位につけたタナックは、SS11でロードブックの指示とは異なるルートを通過したとして、デイ3の夜にそれぞれ10秒のペナルティタイムを科せられた。その結果ミークは総合5位に後退したが、デイ4最初のSS16でベストタイムを刻み、総合4位にポジションアップ。続くSS17では総合3位に順位を上げた。しかし、最終のSS18でタイヤの空気圧低下により遅れをとり、僅か1.4秒差でポディウムを逃し、総合4位でラリーを締めくくった。

デイ3終了時点で総合6位につけていたラトバラは、SS17でセカンドベストタイムを記録し総合5位に浮上。パワーステージのSS18では、惜しくも0.1秒差でベストタイムを逃したが、セカンドベストタイムで貴重な選手権ポイント4点を獲得した。なお、デイ3でのリタイア後、ラリー2規定に基づき最出走を果たしたタナックは、総合8位でラリーを終えている。

トミ・マキネン(チーム代表)
「全体的には非常に良い1日でした。クリスは朝のステージで本当に速かったですが、残念ながら最終ステージで表彰台を逃してしまいました。ヤリ-マティも、素晴らしい走りでした。ただし、パワーステージの最後で運転がやや荒くなり、クルマが少し滑ってしまいました。それが、ベストタイムと5ポイントを逃した理由です。それでも、今日の走りは本当に良かったといえます。今日はステージの路面がかなり乾き、滑りやすい状態だったので、1番手スタートのオィットができることはあまりなかったと思います。我々としては、次戦のチリに向けて万全の準備を行い、表彰台に返り咲きたいと思います」

オィット・タナック
「とても難しい1日でした。今日は出走順がはやく、なかなか良いタイムが出ませんでした。それでも、総合8位に順位を上げられたのはポジティブに思えることです。今週はトラブルに見舞われ、フラストレーションがかなり溜まりました。パフォーマンスはとても良かったのに、結果が伴わなかったので、改善しなくてはならない事が山ほどあります。これからもベストを尽くして戦い、次のチリでは反撃に転じたいと思います」





ヤリ-マティ・ラトバラ
「良い形でラリーを終えることができて嬉しく思います。今季はここまで非常に厳しいラリーが続き、今回も金曜日は良くないスタートになってしまいました。しかし、土曜日は少しずつ状況が良くなっていき、今日はようやく昨年の終わりのレベルまで戻せました。本当に良かったと思います。今日のミナ・クロベロは、自信を持って走れば大きな差をつけられるステージなので、思いきり行こうと考えていました。思った通りその戦略は上手くいき、パワーステージにも勢いがつきベストタイムを競う事ができました。次戦のチリは、高速で流れるようなステージが予想されるので、とても楽しみです」





クリス・ミーク
「昨晩のペナルティタイムにより総合5位に順位を落としましたが、諦めずに戦い続けました。今朝、クルマはとても素晴らしく、楽しんで走ることができました。調子はとても良く、パワーステージでも好調でしたが、フィニッシュまで6kmの地点で、タイヤの空気圧低下を示す警告灯が点きました。ただし、なぜそうなったのか、まったく分かりません。私はベストを尽くしましたが、あのような事も起こります。ここ3戦は、いずれも最高の結果を狙えたはずなので、やはりフラストレーションが溜まります。ヤリスWRCの運転はとても楽しく、今日のように完璧にはいかなくとも十分に楽しめました。自分がやるべきことをきちんとやり続ければ、きっと正しい方向に進むはずです」





WRCアルゼンチン 最終結果
1. T.ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC) 3:20:54.6
2. A.ミケルセン(ヒュンダイi20クーペWRC) +48.4
3. S.オジエ(シトロエンC3 WRC) +1:04.8
4. K.ミーク(トヨタ・ヤリスWRC) +1:06.2
5. J-M.ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC) +1:21.1
6. D.ソルド(ヒュンダイi20クーペWRC) +1:26.7
7. T.スニネン(フォード・フィエスタWRC) +4:57.3
8. O.タナック(トヨタ・ヤリスWRC) +14:24.8
9. M.オストベルグ(シトロエンC3 R5) +14:28.5
10. P.ヘラー(フォード・フィエスタR5) +20:14.5