TEAM
慶 大
法 大
(慶)●木澤、森田晃、石井、増居、佐藤―郡司
◇(二塁打)鶴岡、中村 ◇(本塁打)嶋田1号ソロ(4回)

 1回戦を鮮やかな逆転勝ちで制した慶大ナイン。一夜明けて2回戦を迎えた。東京六大学リーグ戦での覇権奪回を目指す上で、先週の立大戦に続きスイープでこのカードを締めくくりたいところ。しかし、この日の試合は厳しいところからのスタートとなった。

 先発は、先週の立大2回戦で6回1失点と安定した投球を披露した木澤尚文(3年)。だが、この日は初回から法大打線につかまってしまう。2つの四球で2死一、二塁とすると、5番打者の一塁線を破る適時二塁打で1点を先制される。すると続く次打者には初球の浮いたところを捉えられ、これが3ラン本塁打となる。いきなり4点のビハインドを許した。続く2回も相変わらず制球に苦しみ走者をためるが、ここは何とか無失点。しかし、この日の慶大ベンチは決断が早かった。安定感を欠く木澤を2回できっぱりと諦め、3回からは早めの継投を選択した。一方の打線は3回まで法大先発・鈴木昭汰(3年)の前に好機はつくるものの、あと一本が出ず。序盤は苦しい展開が続いた。


制球に苦しんだ先発・木澤

 そんな中、4回に嶋田翔(3年)が左越えソロ本塁打を放ち、ようやくの反撃開始を予感させた。しかし直後に3番手・石井雄也(4年)が走者なしから被弾。1―5とされ、つかみかけた流れを手放してしまったかのように思われた。だが、これで萎んでしまわないのが『陸の王者』たるゆえんだ。5回、2死一塁から代打・鶴岡嵩大(3年)が左越え適時二塁打を放ってすぐさま1点を返すと、その裏からマウンドに上がったルーキー増居翔太(1年)が気迫の投球を見せて2イニングを無得点に封じ、再び流れをつくる。すると7回。安打と四球で2死一、三塁とし、打席に入ったのはここまで快音がなかった中村健人(4年)。追い込まれてから外角の変化球に食らい付くと、これが左中間を真っ二つに破る2点適時二塁打となり、1点差にまで詰め寄る。しかし8、9回を法大エース三浦銀二(2年)に完璧に封じ込まれ、反撃はここまで。あと1点が遠く、4―5と惜敗し、このカードの決着は次戦に持ち越されることとなった。


中村の2点適時二塁打で1点差まで詰め寄った

 この試合では勝利にこそ手が届かなかったが、ワンサイドゲームになってもおかしくない展開で投打ともに粘り強さを発揮した。打線は序盤に拙攻が続いたものの、終盤に好機をものにし、法大ブルペンから前日に先発したエース三浦を引っ張り出す意地の攻撃を見せた。投手陣も先発が降板した後、1,2年生を中心とした4人のリレーでつなぎ、強力・法大打線を4回以降1失点に抑える安定した内容を披露。髙橋佑樹、髙橋亮吾の4年生コンビだけではないことを見せつけ、ブルペンの層の厚さをうかがわせた。3回戦こそは、何としてでも白星をマークして勝ち点を挙げ、優勝戦線にしっかりと踏みとどまりたいところだ。

(記事 篠田雄大、写真 吉田昭太、今山和々子)