目標のアジア、世界への切符には届かなかった。1日目を終え残った明大勢は3名。グレコローマンスタイル82キロ級の佐々木雄大(政経3=野田中央)は優勝の期待が掛かるも、準決勝で敗れ3位に沈んだ。

◆4・27~28 JOC杯全日本ジュニア選手権(横浜文化体育館)

[フリースタイル]

▼57キロ級

本田、鴇田――2回戦敗退

▼61キロ級

庄司――2回戦敗退

▼70キロ級

竹沢――3回戦敗退

岩崎、谷津――1回戦敗退

▼79キロ級

杉山裕――2回戦敗退

▼92キロ級

伊藤――ベスト8

▼97キロ級

鈴木――1回戦敗退

[グレコローマンスタイル]

▼55キロ級

加藤――2回戦敗退

▼60キロ級

内田――2回戦敗退

▼82キロ級

佐々木雄――3位

▼97キロ級

道免――1回戦敗退

 不完全燃焼に終わった。昨年度同大会で準優勝を果たした佐々木雄。初戦をフォール、2回戦をテクニカルフォール勝ちと順調に勝ち進んだ。準決勝の相手はグレコローマンスタイルを専門とする樋口徹心(日体大)。実力が拮抗(きっこう)し「最初に技を取った方が勝てる」と序盤から互いに攻める姿勢を崩さない。しかし45秒、強く前に押し込んだところを相手に引き込まれると、4点技を決められ先制点を与えてしまう。その後は逆転を狙うも差は縮まらず。「決勝にいかないと意味がない」。優勝者に世界ジュニアへの切符が与えられた今大会。優勝を目指していただけに悔しい結果となった。

 「もう少し思いっ切り戦ってほしかった」(安西信昌コーチ)。1年生は今大会が大学デビュー戦だが、2日目に残ったのは伊藤慧亮(営1=小諸商)のみ。「試合の点数が動かなくて後半やられることが多かった」と安西コーチ。経験の差が浮き彫りとなった。しかし、この敗戦は実力アップに大きな糧となるはずだ。5月13日からは団体戦である東日本リーグ戦が待つ。上位校打破へ、フレッシュな戦力の活躍に期待したい。

[福田夏希]

試合後のコメント

安西コーチ

――下級生の仕上がりはいかがでしたか。

「もう少し思いっ切り戦ってほしかったです。その中で何ができるか、できないかが見たかったんですけど、少しビビっているように写りました。アタックがないと自分でチャンスが作れないのでそういうところをもっとやってほしかったなと思います。」

――5月にはリーグ戦が控えます。

「今いるメンバーで最善の戦いができるようにやっていくしかないかなと思います。それぞれが力を付けて自信をつけて戦って、勝ち星を増やせれば一歩一歩変わっていくと思っています。多くは望まないんですけど、着実な成長を見たいです」

佐々木雄

――収穫はありましたか。

  「フィジカルが足りないなと思いました。学年が上がるにつれて相手も年下で小さくなるので、それで自分に力付いたのかなって思っていたけど、やっぱり足りなかったです。レスリングはそこそこできていると思うので、フィジカルをもっと頑張りたいです」

――リーグ戦に向けて意気込みをお願いします。

  「やっぱり結果を出したいです。どんな試合でも勝ちにこだわりたいです。団体戦なので大事な試合でしっかり勝てるように。東洋に勝ったら1部リーグにまたいられるので東洋にみんなで勝ちたいと思います」

伊藤

――大学デビュー戦で緊張はありましたか。

「かなりしましたね、会場についてからは特に」

――大学でどういう選手になりたいですか。

 「レスリングをやるために大学に入ったので高いレベルで勝ち残れるようになりたいです」