<写真・試合後、深々と頭を下げる中内主将>

   

 4月27日、阪神甲子園球場にて2019年度関西学生野球連盟春季リーグ戦第4節(対関大2回戦)が行われた。

   関学の先発は原(経3)。4回までは安打を許さず、無失点に抑える。だが5回、四球で走者を出すと一塁打、犠打、二塁打を浴び、2点先制される。続いて登板したのは加藤(社3)。1マウンドのみの登板だったが、しっかりと抑え、関大に傾いた流れを止めた。6回から継投したのは松田(経3)。1球目に二塁打を浴びるも、その後はしっかりと投げ切った。続く7回、深見(総4)がピッチに立つと、三者凡退に抑えた。続いて継投したのは小田(経4)。三者連続安打を放たれるも、ピンチを切り抜け、無失点に抑える。三者凡退の好投が続くも、延長12回。1死一三塁のピンチで安打をはなたれ、勝ち越しの1点を追加された。一方の打撃は3回まで三者凡退に打ち取られる。4回に蔵本(経4)、5回に大上(商4)が安打を放つも、得点には繋がらず。2点を先制された6回。2死に追い詰められた場面で、蔵本が安打で出塁。続く中内(経4)が適時打を放ち、1点を返す。さらに、岩井(商3)、高尾(社4)が打線をつなぎ、同点に追いつく。7回からは安打や四球で出塁し、得点のチャンスを作るものの生かせず。最後に粘り切ることができなかった。次戦は5月5日、ほっともっとフィールド神戸にて第5節対同大1戦目が行われる。

【関学】原、加藤、松田、深見、小田ー大上

【関大】肥後、巻、香川ー久保田

  

試合後のコメント

中内理貴主将(経4)「勝たないといけない試合だった。何回もチャンスはあったが決めきれなかった。昨日引き分けたが、試合内容的には今日の方が良かった。お互い勝ちたいという思いがあった。関大はラストに4回が打って、こっちは4回が打てないところに差が出ていた。下級生が大きい声で応援してくれているのに、代表として悔しい。次戦は勢いに乗る、同大との対戦。今の関学は流れが良くないので、1週間しっかり立て直す。絶対同大を倒すという姿勢を見せると勝ちが見えてくると思う。4回が中心となって勝ちを掴みに行きたい」。