初日に次ぐ、表彰台登壇とはならなかった。平成最後を締める全日本個人インカレは、ヤマ場の2日目。今大会最多の6人が出場し、73キロ級の大畑柊磨(政経3=香寺)、81キロ級の寺澤寿喜(営3=滑川)がジャークで自己ベストを更新した。

◆4・26~28 第65回全日本学生個人選手権(はびきのコロセアム)

▼73キロ級

 5位 大畑(S120 J146 T266)

 12位 畑中(S113 J130 T243)

 14位 竹川(S108 J125 T233)

▼81キロ級

 6位 寺澤(S120 J155 T275)

▼89キロ級

 10位 澤浦(S112 J152 T267)

 記録なし 扇本(S130 J0 T0)

※S…スナッチ、J…ジャーク、T…トータル

 上級生2人が意地のリフトを見せた。今大会を「今までで一番」と位置付けしていた大畑は、ジャークで146キロを挙げ、自己新を記録。昨年度のルール改定で階級が10段階に拡大したことで、体重を絞ることなく「適正でいけた」。得意のスナッチこそ振るわなかったものの、今年度から務める〝新人教育係〟として、後輩にたくましい背中を見せた。81キロ級に出場した寺澤も自身の試技に「70点」と好感触。次戦のインカレでは「ジャークで160キロ以上挙げて、チームに貢献したい」。頼れる古参が今後も明大を牽引していく。

 今後を占う大事な終局だ。3日間にわたる大会も、遂に大詰めを迎える。最終日に控えるのは、主将・古山翔太(政経4=金足農)を筆頭とした重量級の6人。未だこの2日間で、明大からは1位が出ていない。一時代の区切りに花道を飾るために、そして新時代の幕開けに追い風を吹かすために。初日、2日目を超えるような、さらなる活躍が期待される。

[高智琉大朗]

試合後のコメント

大畑

――今回の試技を自己評価すると何点ですか。

 「50点です。ジャークは自分なりに割とできたと思いますが、得意のスナッチで全然結果が出せなくて。スナッチ0点で、ジャーク50点ですね」

――内容に関していかがですか。

 「スナッチの120キロは、ハイスナッチって言って、座らずに上まで持ってこれたんですよ。だから、だいぶ余裕持って臨んだんですが、結局その重量しか取れなくて。125キロもすごい軽かった感じがしたのですが、プレスアウトを取られてしまいました」

寺澤

――ジャークに関していかがですか。

 「満足です。良かったです。あとはスナッチだけでしたね。体重を上げた分、パワーがついて自信につながりました」

――順位に関してはいかがですか。

 「できれば3位、4位を狙っていたので、少し残念です」