リオデジャネイロ五輪に出場する競泳日本代表選手の入江陵介が7月30日、本番で使用されるプールで始めて泳いだとSNSで報告している。

「本大会会場で初スイム!」と本番会場を背景に江原騎士、小堀勇氣、松田丈志と並び肩を組む写真を投稿する入江。「泳ぎやすい!!」と好感触のようだ。

サンパウロでの事前合宿を終え、リオデジャネイロに入っている競泳の代表選手団。これまで本番会場に隣接する練習用プールで調整を行っていたがこの日、戦いの舞台となる会場・オリンピック・アクアティック・スタジアムでの初泳ぎに臨んだ。

入江のツイッターにファンからは、「綺麗なプールですね!」「プールの水、冷たい様ですが全力で頑張って下さい!」「泳ぎやすいのは!何よりです!地球の反対側からめっちゃ応援してますからね!」「金メダルを楽しみにしています!」などのコメントが寄せられていた。

また、入江は同日に23歳の誕生日を迎えた江原へ「おめでと!」とお祝いのメッセージを送った。江原は自身のツイッターで、ブラジルで誕生日を迎えることができたと報告。周囲からの祝福に感謝のコメントを書き込み、「23歳最初の大一番。頑張らナイト!」と本大会に向けて意気込みを示している。

競泳・入江陵介、メインプールで初スイム!「泳ぎやすい!」

競泳・入江陵介、メインプールで初スイム!「泳ぎやすい!」

競泳・入江陵介、メインプールで初スイム!「泳ぎやすい!」

競泳・入江陵介、メインプールで初スイム!「泳ぎやすい!」

競泳・入江陵介、メインプールで初スイム!「泳ぎやすい!」

競泳・入江陵介、メインプールで初スイム!「泳ぎやすい!」

入江陵介 参考画像(2016年4月5日)(c) Getty Images

入江陵介 参考画像(2016年4月5日)(c) Getty Images