日産自動車は、4月28・29日に開催されるアジア最大級のLGBTイベント「東京レインボープライド2019」に自社ブースを初出展する。

東京レインボープライドは、LGBTをはじめとするセクシュアル・マイノリティの存在を社会に広め、「"性"と"生"の多様性」を祝福するイベントだ。日産は2017年・2018年に駐日英国大使館への協賛出展を行ったが、今年は自社として初のブースを出展。日産ブランドを積極的に露出することで、ダイバーシティ&インクルージョンの取り組みをより広く来場者にアピールする。

女性の活躍推進からはじまった日産のダイバーシティの取り組みは、人種・国籍・文化・年齢・性自認・性的指向など、一人ひとりへの多様性へと広がっている。一人ひとりが互いの違いを活かし、強みに変えていくことや、働く個人の能力を高め創発的な組織風土をつくることは、全社を挙げてのチャレンジとなっている。

日産では、LGBTの取り組みとして、全社員向けLGBT e-ラーニングやLGBTセミナー等の社内啓発活動を定期的に実施している。また多目的トイレの設置や、本人の希望で健康診断を別日程で検診できるなど、社内環境を整備。それらの成果として2017年、LGBTに関する取り組みの評価指標「PRIDE指標」で自動車業界初となる最高ランクのゴールド評価を獲得し、2018年も2年連続で獲得した。

日産は、これからも、従業員一人ひとりが自分らしく、活き活きと働ける職場づくりを推進していく。

東京レインボープライド2018のパレード (c) Getty Images

東京レインボープライド2018のパレード (c) Getty Images

東京レインボープライド2018のパレード (c) Getty Images

東京レインボープライド2018のパレード (c) Getty Images

東京レインボープライド2018のパレード (c) Getty Images

東京レインボープライド2018のパレード (c) Getty Images

東京レインボープライド2018のパレード (c) Getty Images

東京レインボープライド2018のパレード (c) Getty Images