慶應義塾大学 4 - 5 法政大学
勝:鈴木 敗:木澤
本塁打:慶大・嶋田 1号(4回)/法大・安本 1号(1回)、宇草 2号(4回)


法大・安本(④静岡)のホームランなど、法大が序盤のリードを守りきる

初回からいきなり法大が攻撃の手を強める。
2死1塁2塁から法大5番・相馬(④健大高崎)がライト線をやぶる先制のタイムリー2ベースを放ち先制すると、続く安本(④静岡)がレフトスタンドへの3ランホームランで法大が一気に4点先制する。

慶大も4回表に反撃。
2死から慶大・6番嶋田(③樹徳)が左中間へのソロホームランで1点を返し、反撃の狼煙を上げる。

しかし4回裏、1死から法大・1番宇草(④常総学院)が今春2本目となるソロホームランを放ち、再びリードを4点に広げる。

慶大は5回表、代打で打席に入った鶴岡(③桐蔭学園)が2死1塁からレフトフェンス直撃のタイムリー2ベースを放ち、1点を返す。慶大は代打策が的中しリードを3点に縮める。

さらに7回表、2死2塁3塁から慶大・3番中村(④中京大中京)が体勢を崩しながらもしぶとくボールを左中間へ運ぶ。これが2点タイムリー2ベースとなり、慶大が1点差に迫る。

しかし最後は昨日先発で登板した三浦(②福岡大大濠)も登板し、法大が総力戦で逃げ切る。
勝敗はタイとなり、勝負は明日の3回戦へ持ち越されることになった。