写真:早田ひな(左・日本生命)と伊藤美誠(スターツ)/撮影:田村翔(アフロスポーツ)

<2019世界卓球選手権大会・個人戦(ハンガリー・ブダペスト) 2019年4月21日~4月28日>

女子シングルスは4強全員が中国選手

26日、女子シングルス準決勝が行われた。2試合とも中国対決となった準決勝は、劉詩ブン (同5位・28歳・中国)と陳夢 (同3位・25歳・中国)が勝利した。2人による決勝は27日に行われる。

準決勝一つ目のカードは劉詩ブンと、シングルス3連覇がかかる丁寧 (同1位・28歳・中国)との対戦。序盤は丁寧が主導権を握り2ゲームを連取する。しかし劉がここから息を吹き返す。第3,4ゲームを5点で奪い2-2まで追いつくと、第5ゲームは11-0で圧倒。そのまま劉がゲームカウント4-2で勝利した。

準決勝もう一方のカードは陳夢と王曼イク(同4位・20歳・中国)の対戦。王は準々決勝で孫穎莎(同29位・18歳・中国)との中国対決を制して勢いに乗るが、準決勝は年上の陳夢がゲームを支配する。試合は4-0で陳夢が完勝。接戦が期待されたこの試合は、予想に反したワンサイドゲームだった。

決勝は現地時間27日13時(日本時間20時)開始予定。劉詩ブンは2013年、2015年大会に続きこれで3度目の決勝進出。過去2度は準優勝に終わっており、初優勝を果たして“3度目の正直”となるか。一方の陳夢は、前回大会はベスト8。準決勝を完勝で突破し、決勝まで勝ち上がった勢いそのままに初優勝を目指す。

27日、女子ダブルス準決勝は日本対決

25日に行われた女子ダブルス準々決勝では早田ひな(同34位・18歳・日本生命)/伊藤美誠(同7位・18歳・スターツ)と佐藤瞳(同13位・21歳・ミキハウス)/橋本帆乃香(同26位・20歳・ミキハウス)の2組がともに勝利し、メダルを確定させた。

そして27日の準決勝では両ペアによる日本代表対決が実現する。全日本チャンピオンペアの早田/伊藤と、今大会好調で、失ったゲームは1つのみというカットマンペア佐藤/橋本がより良い色のメダルをかけて戦う。日本が誇る“矛”と“盾”による決戦は現地時間19時(日本時間27日26時)開始予定だ。

文:ラリーズ編集部