26~28日、中国・重慶にてボルダリングW杯第3戦、スピードW杯第2戦が開催される。翌週には呉江大会も控えており、W杯は中国2連戦に突入する。

 前回のボルダリングW杯第2戦モスクワ大会では、緒方良行が3位に入り2戦続けて表彰台に立ったチームジャパン。15歳の川又玲瑛、16歳の伊藤ふたばも決勝に残り、若手も躍進をみせた。

 今大会ボルダリングには、男女合わせて16名の日本人選手が出場する予定で、国内調整のため第2戦を欠場した日本代表の主力、楢崎智亜と野口啓代が復帰する。ともに開幕戦で2位に入った好調をキープできていれば、中国での連続表彰台も十分にありえるだろう。25日に17歳の誕生日を迎えた伊藤の2戦連続決勝進出にも期待が高まる。

 同時開催のスピードW杯第2戦には、日本男女5名ずつがエントリー。第1戦モスクワ大会では土肥圭太が6秒831を記録し、今年新たに制定されたスピード日本記録(男子)を更新。重慶大会で土肥はスピードに出場しないが、他の選手の成績に注目していきたい。

 スピードW杯は26日に予選、決勝が行われ、ボルダリングW杯は27日に予選、28日に準決勝、決勝が行われる。

クライミングW杯2019 中国・重慶大会

スケジュール

4月26日(金)
12:15 ~ 15:15/スピード男女予選(13:15 ~ 16:15)
19:00 ~ 20:00/スピード男女決勝(20:00 ~ 21:00)※ライブ中継
4月27日(土)
10:00 ~ 15:00/ボルダリング男子予選(11:00 ~ 16:00)
16:30 ~ 20:00/ボルダリング女子予選(17:30 ~ 21:00)
4月28日(日)
09:30 ~ 11:45/ボルダリング男女準決勝(10:30 ~ 12:45)※ライブ中継
17:00 ~ 18:40/ボルダリング男子決勝(18:00 ~ 19:40)※ライブ中継
18:47 ~ 20:27/ボルダリング女子決勝(19:47 ~ 21:27)※ライブ中継

※スケジュールは予告なく変更される場合がございます。予めご了承ください。
※カッコ内は日本時間。

日本代表 出場予定選手

<男子>
石松 大晟(Base Camp)/B
緒方 良行(神奈川大学)/B
杉本 怜(マイナビ)/B・S
高田 知尭(鳥取県山岳・スポーツクライミング協会)/B
土肥 圭太(鹿児島県山岳・スポーツクライミング連盟)/B
楢崎 智亜(TEAM au)/B・S
楢崎 明智(TEAM au)/B・S
原田 海(日新火災)/B・S
藤井 快(TEAM au)/B・S
村井 隆一(千葉県山岳連盟)/B

<女子>
伊藤 ふたば(TEAM au)/B・S
倉 菜々子(ウィルスタッフ)/B
中村 真緒(青山学院大学)/B・S
野口 啓代(TEAM au)/B・S
平野 夏海(国士舘高等学校)/B・S
森 秋彩(つくば開成高等学校)/B・S

※左から氏名、所属先、出場種目
※出場種目はB=ボルダリング、S=スピード

CREDITS

編集部 /

写真

窪田亮