写真:佐藤瞳(右)と橋本帆乃香(ともにミキハウス)/撮影:田村翔(アフロスポーツ)

<2019世界卓球選手権大会・個人戦(ハンガリー・ブダペスト) 2019年4月21日~4月28日>

25日、世界選手権の女子ダブルス3回戦が行われ、佐藤瞳/橋本帆乃香(ミキハウス)ペアが鄭先知/劉馨尹(チャイニーズ・タイペイ)ペアに4-0で勝利。準決勝進出を決め、銅メダル以上を確定させた。

カットとロビングで相手ペアの猛攻を防ぎ、相手が打ちあぐねたところを攻撃する。1回戦から続けてきたこの必勝パターンをメダルのかかった大舞台でもいかんなく発揮する。

2ゲームをあっさり取った日本ペアは3ゲーム目も3−0とリード。この場面でたまらず台湾ペアがタイムアウト。しかし一気に7-0までリードを広げ、相手に流れを渡さない。その後相手に追い上げられるが最後は佐藤のフォアハンドドライブが決まり11-8で3ゲーム目を取り、メダルまであと1ゲームと王手をかける。4ゲーム目も勢いそのままに一気に10-1とマッチポイントを握ると、最後は佐藤のフォアスマッシュが決まり初出場でのメダルを確定させた。勝利の抱擁の瞬間、佐藤の目からは涙が溢れた。

佐藤・橋本ペアは今大会失ったゲームはわずか1。初戦の1ゲーム目を落として以降16ゲーム連続で取っており、抜群の安定感を見せる。

試合後、佐藤は「ここまで来るのに沢山の経験をしてきたので、この大舞台でメダルを取れて嬉しい。メダルへの強い気持ちが空回りしないように2人でまた1回戦のつもりで戦おうと話していた」とコメント。

準決勝で対戦する伊藤/早田について橋本は「ボールの早さ、回転、威力を変えてくるのでヤマがはりにくい。カットマンなので相手にやられてからいかに対応できるかが勝負」と全日本王者との対戦を警戒した。

試合のスコア

<女子ダブルス 準々決勝>
佐藤瞳/橋本帆乃香 4-0 鄭先知/劉馨尹(チャイニーズ・タイペイ)
11-9/11-2/11-8/11-2

文:ラリーズ編集部