写真:伊藤美誠(手前・スターツ)と早田ひな(日本生命)/撮影:田村翔(アフロスポーツ)

<2019世界卓球選手権大会・個人戦(ハンガリー・ブダペスト) 2019年4月21日~4月28日>

25日、世界選手権の女子ダブルス準々決勝が行われ、早田ひな(日本生命)/伊藤美誠(スターツ)ペアがチャ・ヒョシム/キム・ナムへ(北朝鮮)ペアをゲームカウント4-1で下し、準決勝進出を決めた。

全日本選手権王者でもあり、前回大会メダリストの早田/伊藤ペアは、多彩なサーブとレシーブから畳み掛けるような連続攻撃で、2ゲームを立て続けに奪う。

第3ゲームはミスが重なり4-7と劣勢になったが、伊藤の意表を突くロングサーブで6-7と迫ると、北朝鮮ペアがタイムアウト。タイムアウト後も日本ペアがポイントを重ね、勝利に王手をかけた。

第4ゲームも9-7とリードを広げ、日本ペースかと思われたが、逆にロングサーブの奇襲を受け、逆転で1ゲームを奪い返される。続くゲームも勢いに乗った北朝鮮ペアに8-9とされたが、伊藤のバックハンド強打を皮切りに3連続得点。最後は伊藤が逆チキータでレシーブエースを奪い、勝利を決めた。

早田/伊藤ペアは2大会連続のメダル獲得。前回の2017年ドイツ大会は準決勝で敗れて銅メダルであったが、今大会は銀以上をかけて同じ日本の佐藤瞳/橋本帆乃香ペアと対戦する。

試合のスコア

<女子ダブルス 準々決勝>
早田ひな/伊藤美誠 4-1 チャ・ヒョシム/キム・ナムへ(北朝鮮)
11-6/11-8/11-9/9-11/11-9

文:ラリーズ編集部