写真:佐藤瞳(右)と橋本帆乃香(ともにミキハウス)/撮影:田村翔(アフロスポーツ)

<2019世界卓球選手権大会・個人戦(ハンガリー・ブダペスト) 2019年4月21日~4月28日>

24日、世界選手権の女子ダブルス3回戦が行われ、佐藤瞳/橋本帆乃香(ミキハウス)ペアが田志希/李ジオン(韓国)ペアを4-0で下し、準々決勝進出を決めた。

第1ゲーム、佐藤/橋本両選手のサーブが冴える。ダブルスのサーブはコースが限定されていることから、相手に狙われやすいロングサーブは出さず、短いサーブで勝負するのがセオリーだが、日本ペアは違った。7-6の場面では佐藤の上回転系のロングサーブが相手コートで伸び、サービスエースとなる。また8-8の場面では橋本の下回転系のロングサーブを相手がネットミス。打たれてもカットで拾える自信があるからこそ出せるロングサーブを、試合の重要な場面で繰り出し、ゲームを先取する。

第2ゲームは韓国ペアも粘り、一進一退の攻防に。流れを変えたのは日本ペアの攻撃だった。5-6の場面では橋本のバックハンドから、佐藤のフォアハンドの連続攻撃が決まり、流れが一気に日本ペアに傾くと、佐藤の2本連続でのバックハンドスマッシュを含む4連続得点で一気に9-6とし、このゲームを11-8で奪った。

韓国ペアリードで進んだ第3ゲームだったが日本ペアが驚異の追い上げを見せる。5-7となった場面で、このゲームを絶対に落とせない韓国はタイムアウトを申告するも日本ペアは相手コート深く入るカットで連取し、7-7に追いつく。その後、8-10とリードされた場面でも粘り強いカットで4連取。リードされても食らいつくカットマンらしいプレーで一気にゲームカウントを3-0とした。

第4ゲームも韓国ペアの攻撃をことごとくカットで拾った日本ペアが取り、ベスト8入りを決めた。次戦は台湾ペアとのメダル決定戦に臨む。

日本ペアはここまで3試合で落としたゲームはわずか1。初戦の1ゲーム目を落とすも以降は12ゲーム連続で取っている。

また、佐藤はシングルスでも全試合4-0のストレート勝ちで3連勝。神かがったプレーを連発し、単複2種目でのメダルを目指す。

試合のスコア

<女子ダブルス 3回戦>
佐藤瞳/橋本帆乃香 4-0 田志希/李ジオン(韓国)
11-9/11-8/12-10/12-10

文:ラリーズ編集部