写真:平野美宇(日本生命)/撮影:田村翔(アフロスポーツ)

<2019世界卓球選手権大会・個人戦(ハンガリー・ブダペスト) 2019年4月21日~4月28日>

24日、世界卓球選手権の女子シングルス4回戦で平野美宇(4月度世界ランキング9位・19歳)=日本生命=が蘇慧音(同41位・21歳)=中国香港=をゲームカウント4−2で下し、ベスト8入りを決めた。

平野は香港若手の蘇に対し、試合序盤から高速卓球で仕掛ける。得意の巻き込みサーブから連打で畳み掛けるプレーで蘇を圧倒し2ゲームを連取する。

第3,第4ゲームは平野のテンポの速いプレーに蘇が対応。蘇の安定したブロックに平野が振り回され、2ゲームを落とす。

ここから平野はラリーに緩急をつける。落ち着いてラリー戦に持ち込み相手のミスを誘ったかと思えば、チャンスと見ると思い切って振り抜く。このメリハリのある攻撃が蘇を苦しめ、平野らしい高速卓球で第5,第6ゲームを取り、勝利した。

前回大会(2017年世界選手権ドイツ大会)でシングルス銅メダルの平野は、2大会連続のメダルを懸けて、丁寧(世界ランキング1位・28歳)=中国=との準々決勝に挑む。

試合のスコア

<女子シングルス 4回戦>
平野美宇 4-2 蘇慧音(中国香港)
11-8/11-6/8-11/7-11/11-4/11-7

文:ラリーズ編集部