写真:伊藤美誠(スターツ)/撮影:ittfworld

<2019世界卓球選手権大会・個人戦(ハンガリー・ブダペスト) 2019年4月21日~4月28日>

24日、世界選手権の女子シングルス3回戦が行われ、伊藤美誠(4月度世界ランキング7位・18歳)=スターツ=が孫穎莎(同29位・18歳)=中国=に敗れた。シングルスでの上位進出は叶わなかったが、ダブルス2種目でのメダル獲得を狙う。

中国期待の若手である孫に対し、伊藤は積極的な攻撃を仕掛けたが、序盤はリードを奪われる。逆転の機会に恵まれず、そのまま6-11で第1ゲームを失った。

立て直したい第2ゲーム。様々なプレーで食らいつき7-7と終盤を迎えたが、9-10の場面で相手の思い切ったバックハンドドライブを止めきれず、ゲームを連続で奪われた。

続く第3ゲームも9-11で失い、伊藤は後がなくなった。第4ゲームも相手のパワーに苦しむが、なんとか食らいつきデュースに。13-13の場面、体制を崩しながらのスーパープレーで勢いが付き、15-13で1ゲームを奪い返した。

しかし、伊藤の反撃もここまで。孫の思い切った攻撃を抑えきれず、ゲームカウント1-4で敗戦を喫した。

伊藤は森薗政崇(岡山リベッツ)との混合ダブルス、早田ひな(日本生命)との女子ダブルスでのメダル獲得に集中する。

試合のスコア

<女子シングルス 3回戦>
伊藤美誠 1-4 孫穎莎(中国)
6-11/9-11/9-11/15-13/2-11

文:ラリーズ編集部