写真:吉村真晴(右・名古屋ダイハツ)と石川佳純(全農)/撮影:田村翔(アフロスポーツ)

<2019世界卓球選手権大会・個人戦(ハンガリー・ブダペスト) 2019年4月21日~4月28日>

24日、世界選手権の混合ダブルス3回戦が行われ、吉村真晴(名古屋ダイハツ)/石川佳純(全農)ペアが地元ハンガリーのスディ/ペルゲルのペアを下し、8強入りを決めた。

男子選手(吉村とスディ)が右利き、女子選手(石川とペルゲル)が左利きという同タイプのペア同士の対戦となった。

序盤から0-7と大量リードを許した第1ゲームは、地元ハンガリーペアの勢いに押され、あっさり落とす。

第2ゲーム、気合いを入れ直した日本ペアは序盤から得点の度に声を出し、互いを鼓舞する。8-9の場面で吉村のカウンタードライブが、9-10の場面では石川のチキータレシーブが決まるなど、苦しい場面での強気な攻撃が功を奏しデュースに追いつく。デュースでは吉村がチャンスボールをフォアフリックやバックドライブなど強打で仕留め、14-12でゲームを取り返す。

第3ゲーム、球威に勝るハンガリーペアに前半からリードを許すと、後半は吉村の台上処理のミスが目立ち、連続失点でゲームを落とす。

第4ゲームも我慢のプレーが続く日本ペア。4-5の劣勢の場面から吉村のサービスエースを皮切りに4本連取で逆転に成功。一気にこのゲームを奪い、ゲームカウント2-2に戻した。

第5ゲームは石川が厳しいコースに繋ぎ、吉村が強打で決めるコンビネーションが要所で決まる。8-6リードの場面ではペルゲルの好レシーブを石川が飛びつきながらカウンターし、一気に流れを引き寄せる。最後は吉村が得意のフォアフリックを決めゲームカウント3-2と逆転に成功した。

第6ゲームも石川の意表を突いたロングサーブから吉村が強打を決め、幸先の良いスタートを切るも、地元の声援を受けたハンガリーペアが脅威の粘りを見せ8-10とゲームポイントを握られる。ここから石川が強気のフォア強打で追いつくと、最後は石川の切れたストップが相手のミスを誘い、勝利を決めた。

試合のスコア

<混合ダブルス 3回戦>
吉村真晴/石川佳純 4-2 スディ/ペルゲル(ハンガリー)
5-11/14-12/6-11/11-6/11-8/12-10

文:ラリーズ編集部