写真:石川佳純(全農)/撮影:AFP(アフロ)

<2019世界卓球選手権大会・個人戦(ハンガリー・ブダペスト) 2019年4月21日~4月28日>

現地時間23日、世界卓球2019ブダペスト3日目が終了した。女子シングルスはベスト32まで、女子ダブルスはベスト16までが出そろった。

女子シングルスは日本選手5名全員がベスト32進出

女子シングルスに出場した石川佳純(4月世界ランキング6位・26歳・全農)、伊藤美誠(同7位・18歳・スターツ)、平野美宇(同9位・19歳・日本生命)、佐藤瞳(同13位・21歳・ミキハウス)、加藤美優(同22位・20歳・日本ペイントホールディングス)の5選手はそろって1回戦、続く2回戦で勝利。5選手全員が3回戦に駒を進めた。

現地時間24日、3回戦の対戦カード

24日の3回戦は以下のカードに決まった。

平野美宇×チャン・モー(同25位・30歳・カナダ)
加藤美優×鄭怡静(同8位・27歳・チャイニーズタイペイ)
佐藤瞳×ウー・ユエ(同44位・29歳・アメリカ)
伊藤美誠×孫穎莎 (同29位・18歳・中国)
石川佳純×リー・チェン (同40位・32歳・ポーランド)

伊藤美誠は3回戦で早くも中国勢との対戦となった。3種目での優勝を目指す伊藤としては正念場だ。加藤美優は世界ランクトップ10の鄭怡静に挑む。

24日は3回戦に続いて4回戦まで行われ、女子シングルスはベスト8が出そろう。

女子ダブルスは日本の2ペアともに3回戦進出

女子ダブルスは、早田ひな(日本生命)/伊藤美誠と佐藤瞳/橋本帆乃香(ミキハウス)が2回戦に臨んだ。

前回大会銅メダルの早田/伊藤はスペインとカナダの国際ペアと対戦。1ゲームを落とすが第1シードの強さを見せ、4-1で勝利。佐藤/橋本もインドペアに対して圧勝。日本代表は2組そろってベスト16に進出した。

24日の3回戦では、早田/伊藤は陳思羽/鄭怡静(チャイニーズタイペイ)と。佐藤/橋本は田志希/リー・ジオン(韓国)と対戦する。

世界卓球3日目 日本女子の結果

<女子シングルス1回戦>
○佐藤瞳 4-0 グイ・リン(ブラジル)
11-3/11-5/11-3/11-5

○石川佳純 4-0 ラブロワ(カザフスタン)
11-6/11-3/11-3/11-5

○加藤美優 4-0 ブラテイコ(ウクライナ)
11-5/11-9/11-6/11-9

○平野美宇 4-1 キム・ジンヒャン(北朝鮮)
11-7/11-6/9-11/11-3/11-9

○伊藤美誠 4-0 クチェロバ(チェコ)
11-6/11-6/11-5/11-7

<女子シングルス 2回戦>
○石川佳純 4-1 A.ソルヤ(オーストリア)
11-1/9-11/11-3/11-2/11-7

○佐藤瞳 4-0 CECHOVA Dana(チェコ)
11-4/11-2/11-6/11-6

○平野美宇 4-2 PESOTSKA Margaryta(ウクライナ)
12-10/9-11/5-11/11-6/11-2/11-3

○伊藤美誠 4-1 チャン・リリー(アメリカ)
11-8/11-8/11-7/6-11/11-2

○加藤美優 4-1 パーゲル(ハンガリー)
11-6/11-4/11-6/12-14/11-8

<女子ダブルス2回戦>
○早田ひな/伊藤美誠 4-1 シャオ・マリア(スペイン)/ジャン・モー(カナダ)
11-4/10-12/11-7/11-9/11-4

○佐藤瞳/橋本帆乃香 4-0 バトラ/カマス(インド)
11-3/11-7/11-7/11-4

文:ラリーズ編集部