写真:森薗政崇(岡山リベッツ)/撮影:田村翔(アフロスポーツ)

<2019世界卓球選手権大会・個人戦(ハンガリー・ブダペスト) 2019年4月21日~4月28日>

23日、世界選手権の男子シングルス2回戦が行われ、森薗政崇(4月度世界ランキング45位・24歳)=岡山リベッツ=がポランスキー(同232位・20歳)=チェコ=を4-1で下し、3回戦進出を決めた。

立て続けに3ゲームを奪った森薗だったが、第4ゲームで決めきれず。迎えた第5ゲームは高い集中力を発揮し、11-8で勝利。最後の回り込みドライブを決めた森薗が雄叫びをあげた。

次戦で森薗は、同じ左腕の“ドイツの皇帝”ティモ・ボル(同5位・38歳)に挑む。

試合のスコア

<男子シングルス 2回戦>
森薗政崇 4-1 ポランスキー(チェコ)
11-9/11-6/11-6/10-12/11-8

文:ラリーズ編集部