写真:グランドファイナルの水谷隼(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

<2019世界卓球選手権大会・個人戦(ハンガリー・ブダペスト) 2019年4月21日~4月28日>

23日、世界選手権の男子シングルス1回戦が行われ、水谷隼(4月度世界ランキング13位・29歳)=木下グループ=がペレイラ(同161位・29歳)=キューバ=に勝利を収め、2回戦進出を決めた。

サングラスをかけて試合に臨んだ水谷は、同じ左腕のペレイラに対し、ゆっくりと相手の様子をうかがうようなプレーで第1ゲームを先取した。試合巧者の水谷らしい戦いぶりである。

第2ゲームはペレイラのダイナミックなプレーに苦戦し、ゲームカウント1-1と追いつかれたが、これで水谷のギアが1段階上がったか。第3、第4ゲームは、ダイナミックなプレーは自分の土俵だと言わんばかりの好ラリーを見せ、水谷がゲームを連取。勝利まであと1ゲームとした。

第5ゲームは相手のボールを見きった水谷が0-2から10連続ポイントをあげるなど、万全の状態を印象づけ、2回戦に駒を進めた。

順当に勝ち進めば24日の3回戦でTリーグにもT.T彩たまから参戦したチョンヨンシク(同22位・27歳)=韓国=と対戦する。

試合のスコア

<男子シングルス 1回戦>
水谷隼 4-1 ペレイラ(キューバ)
11-8/7-11/11-6/11-8/11-3

文:ラリーズ編集部