写真:早田ひな(左・日本生命)と伊藤美誠(スターツ)/撮影:田村翔(アフロスポーツ)

<2019世界卓球選手権大会・個人戦(ハンガリー・ブダペスト) 2019年4月21日~4月28日>

22日、世界選手権の女子ダブルス1回戦が行われ、早田ひな(日本生命)/伊藤美誠(スターツ)のペアがクロアチアのペアを下し、2回戦進出を果たした。

第1シードとして出場している早田/伊藤ペアは、逆チキータなど貫禄あるプレーで第1ゲーム、第2ゲームを連取。接戦になった第3ゲームも奪いきり、流れを渡さなかった。

サーブ・レシーブで終始主導権を握り、マッチポイントの場面でも伊藤の強烈な下回転がかかった投げ上げサービスが決まり、ゲームカウント4-0で完勝を収めた。

試合のスコア

<女子ダブルス 1回戦>
早田ひな/伊藤美誠 4-0 ツビカネク/キャロル(クロアチア)
11-6/11-6/11-9/11-5

文:ラリーズ編集部