鈴鹿サーキットは、4月28日に開催する「スーパーカーフェスティバル~サウンドパフォーマーズ~」にて、ZOZO前澤社長が主宰する「前澤友作スーパーカープロジェクト」とのコラボレーションイベントを開催する。

「シロンVSゾンダZOZO ホームストレート対決」では、前澤友作スーパーカープロジェクトのメンバーであり、SUPER GTチャンピオン経験者の横溝直輝選手と、ルマン24時間レースを制した元世界チャンピオン荒聖治選手が、国際レーシングコースのメインストレートを舞台に400m区間の速さを"本気のバトル"で競う。

また、「レーシング走行体験」では、小・中学生がブガッティ『シロン』、パガーニ『ゾンダZOZO』の助手席に乗り込み、横溝選手、荒選手の運転による国際レーシングコース(東コース)の高速走行を体験。参加者は2名限定で、当日、グランドスタンドにて抽選を行う。

「エンジンサウンドパフォーマンス」では、ブガッティ・シロンとパガーニ・ゾンダZOZOのエキゾーストノートを間近で体感。総額6億円を超える2台のマシンによる異次元のサウンドを楽しむことができる。

スーパーカーフェスティバルは、往年の名車から現代のハイパフォーマンスマシンまで、世界を代表するスーパーカーの迫力に触れることができるイベント。今年は、スーパーカーの醍醐味である“音”にこだわり、フェラーリやランボルギーニといった甲高い音を奏でるマシンが40台以上集結し、搭乗体験やサウンドパフォーマンスを実施する。

また前澤友作スーパーカープロジェクトは、スーパーカーで子どもたちに夢と希望を届け、日本中を盛り上げることを目的に、前澤氏が2019年に立ち上げたプロジェクト。幼稚園・小学校でのスクールキャラバンをはじめ、スーパーカーを活用した様々な体験イベントを企画している。

横溝直輝選手

横溝直輝選手

荒聖治選手

荒聖治選手

エンジンサウンドパフォーマンス イメージ

エンジンサウンドパフォーマンス イメージ